2歳の時にモデルデビューし、
その後子役として
活躍され、今も39歳とは
思えない美しさの
安達祐実さん

 

 

 

「同情するなら金をくれ」
フレーズと12歳とは思えない
演技力で一躍脚光を
浴びることになり、
そこからは、日本を代表する
女優となられました。

 

 

 

そんな安達祐実さんが
40歳を迎えることを
どのように感じて
おられるのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

安達祐実さんのプロフィール

 

 

 

1981.9.14生まれ

 

39歳

 

東京都出身

 

安達祐実が中3女子に見えた…イブ・サンローランのバッグで「オシャレ中3女子とスーパーへ」投稿が反響:中日スポーツ・東京中日スポーツ

出典:中日新聞

 

 

安達祐実さんの20代の頃とは?

 

 

 

20代の頃は、
実年齢よりも若く
見られることが
多かったので、
大人として認められて
いないという気持ちが
強かったことから、
年上にみられたい
気持ちのほうが
強かったそうです。

 

 

 

それは、プライベート
だけでなく、仕事でも、
20歳近くなってから、
5歳くらいの少女の役を
演じることもあり、
通常なら、無理のある
年齢設定をされることが
あったそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

安達祐実さんの30代とは?

 

 

 

もうすぐ40歳になる
アラフォー世代の
安達祐実さんですが、
30代前半の頃は、
経験を重ねてきたことで、
実力も自信もついて
きたのに、思ったように
いかない不満を抱えて
いたそうです。

 

 

自分の中にはものすごい
エネルギーが溜まっていて
攻めていきたい気持ち
なのに、放出する場が
ないっていう
もどかしさやジレンマ
抱えていましたね。
ただ今になって振り返ると、
そういう勢いの良さや
エネルギーってその年齢
でしか持てないもの。
今同じ気持ちになれと
言われてもなれないし、
今となってはあの頃に
そういう気持ちを
経験できてよかったなと
思っています。

引用元:CLASSY.

 

 

順調にキャリアを重ねて
きているように見えても、
ご自身の中には、
思い通りにいかないという
思いがあったのですね。

 

 

 

そして、そんな時は、
ここから、どうやったら、
一歩抜けられるのか、
行きたいところに
行けるのかということを、
その時の自分にできる
ことに向き合ってきた
そうです。

 

 

 

目標達成って
時間がかかることだから
すぐに結果を出そうと
焦らず、満足できる目標に
達するのは5年先くらいかな、と
捉えて逆算しながら
行動することを意識して。
5年先どうなるために、
今目の前の仕事を
どうするか、と
考えていました。
渦中にいるときは
苦しく感じたり、
八方塞がりになると
思うけど、そういう
苦しさがあるからこそ
未来を切り開けるのかなと。
苦しさが永遠に続く
わけじゃないから、
焦ったり辛くなりすぎない
方がいいかなと思います。

引用元:CLASSY.

 

 

焦ったり、不安に思っても
現状を変えることは
できないですから、
安達祐実さんのように
5年先のことを考えて
ゆったり、構えている
のが、いいのかも
しれないですね。

 

 

 

 

そしたら、思うように
ならないことも、辛さも
少しは減らせるかも
しれないですね。

 

 

 

 

考え過ぎにならない
ことが大事だと
思います。

 

 

 

安達祐実さんの40代になることへの思いとは?

 

 

 

40代になることを、
いやだなと思う女性も
多いと思いますが、
安達祐実さんは、
40代になることを、
楽しみで面白い
思って待ち遠しい
そうです。

 

 

 

それは、周りの
人生の先輩方の意見を
聞いて、そう思うのだ
そうです。

 

 

 

その先輩方が
おっしゃるには、
「30代より40代、
40代より50代の
ほうが楽しい!」
だそうです。

 

 

 

そして、年齢を重ねる
ことにワクワクして
いるそうです。

 

 

 

いろんなことが、
ふっきれて、毎日が
余計に楽しく感じ
られるのが50代
なのかもしれない
ですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

 

 

 

2歳の頃から、
芸能界で活躍されて
きた安達祐実さんの
若い頃に考えていた
ことや、これから
年齢を重ねることへの
思いなどをお送り
しました。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

子役の頃のイメージが
強いですが、今となっては
日本を代表する女優さんに
なられています。

 

 

 

年齢を重ねて、
どのように変わって
いくのか、楽しみ
ですね。

 

 

 

これからも、頑張って
ください。

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事