アフターコロナの時代に生き残るためにすべきこととは?

 

 

リモートワークや
リモート教育が一般化
しているであろう
アフターコロナの時代
生き残るために、
私達はどうしたら
いいのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

また、学ぶ側だけでなく、
学びを提供する側も、
変わっていかなければ
ならないのでは?

 

 

 

 

全ての人が変わって
いかなければ
いけない時代に
なっています。

 

 

では、どのように
変わればいいので
しょうか?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

進む大学の二極化

 

 

 

コロナの発生から、
リモート授業の続く大学。
それでも、授業料も
変わらず、不満を募らせる
学生も多いそうです。

 

 

 

日本の大学で、
学生に寄り添う「優良大学」と
真摯に対応しない「幻滅大学」との
二極化が浮き彫りに
なっているそうです。

 

 

言い換えれば、
できることをすぐに
始めた大学、
できない理由を探し
続けた大学、だそうです。

 

 

経済支援
精神的なケア
遠隔講義への対応

 

 

 

この3つを、きめ細かに
いかに早くから対応するかに
よって、変わってきます。

 

前者の例として天理大学が挙がる。
同大学では既に3月の段階で、
教員を総動員して
学生一人ひとりに
電話で連絡を済ませていた。
その上で、刻々と変わる
情勢への対応について、
学生がオンラインで確認
できる体制を確立。
また、全学生に通信環境
(インターネット接続、
所有機器の確認等)の調査を行い、
リモート講義のスムーズな
導入へとつなげていった。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

その一方
「できない理由を
探し続けてきた」
としか思えない大学があった
ことも事実だ。
それらの大学は、
情報や支援の提供が
遅延しがちであり、
また各種の手続きが
非常に理解しにくい
ものだった。
例えば、経済支援や
学修支援の情報は、
大学のホームページに
掲載されるのみ。
個々に連絡はなかった。
しかも、必要な情報に
たどりつくまで手間がかる
だけでなく、
分かりにくい説明しか
提供されていない。

引用元:Yahoo!ニュース

 

これでは、自分の
選んだ大学に不信感が
生まれても仕方がない
ですね。

 

 

 

外出できずに、不安に
思うなか、高い授業料を
払い、満足とはいえない
情報しかないとなれば、
精神的にまいって
しまいますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

リモート化に伴う大学の存在意義とは?

 

コロナ禍にめぐる一連の
事態を通して、社会が
大学に向ける目は厳しい
そうです。

 

 

さらに深刻化する日本経済の
低迷は、少子化による
進学者の急減と重なり、
大学の財政基盤を大きく
揺るがしてしまうことに
なってしまいます。

 

 

思いもよらない事態で、
オンライン教育は、
大学の存在意義に
ついて、本質的な
意義を問うことに
なってしまいました。

 

知識の伝授だけでいいので
あれば、優れた講師の講義
オンラインで全国に流せば
いいのですから。

 

 

 

 

でも、大学の存在意義とは、
そういう知識の伝授だけ
ではなく、自ら新しい
知識を創造していく力を
養っていく場であるべき
だと考えます。

 

 

それには、オンラインだけ
では、不十分であり、
また、大学は、独立心が
強く、確固たる信念に
もとずいて行動できる
人材が育っていく
教育機関として、
鍛えられなければなら
ないと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

コロナ禍によって、
いろんな方面で
思いもよらない事態が
起きている今だからこそ、
いち早く対応し、
将来を見据えていく
ことが大事です。

 

それは、大学生だけでなく、
どの年代の人にもいえること
だと思います。

 

 

これまでと同じように
考えていては、
生き残れない時代に
なりました。

 

柔軟に考え行動する力を
持ちましょう!

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事