芦田愛菜めざすはオール10!女優兼女医の誕生なるか?

 

 

超名門私立高校に進学した
芦田愛菜さんですが、
勉学に励むかたわら、
女優業もこなす多忙な
日々を送っておられます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

そんな芦田愛菜さんの
将来の夢とは?
16歳とは思えない
しっかりとした考え方を
持っておられるのは、
なぜか?
探ってみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

芦田愛菜さんのプロフィール

 

2004.6.23生まれ

 

16歳

 

兵庫県出身

 

 

15歳になった芦田愛菜の「想像力・対話力・反射力」(菊地 陽子) | FRaU

出典:現代ビジネス

 

 

 

芦田愛菜さんが医療に興味を持った訳とは?

 

 

芦田愛菜さんは、この先も
女優業を続けていくそうですが、
同時に、A大学の医学部に
内部進学する形で医師への道
目指しているそうです。

 

 

10歳の時の
インタビューで、
薬剤師になって新薬を
開発したい」と答えている
そうです。

 

 

 

10歳の時に、すでに
そんなふうに考えている
なんて、すごいですね。

 

 

 

この時、すでに医療に
興味をお持ちだった
のですね。

 

 

「'16年放送の長瀬智也さん(41)
主演ドラマ『
フラジャイル
(フジテレビ系)に感銘を
受けた芦田さんは、
原作や医学書を読み込み
人の細胞や組織を観察して
病気の診断をする病理医を
目指すことにしたそうです」

引用元:Yahoo!ニュース

 

着実に女優としての
キャリアを積み重ねながら、
医療にも興味を持ち、
どちらも諦めることなく、
両方をこなそうと学んで
おられる志の高さに
びっくりします。

 

 

今の若い人は、控えめな方
が多いように思いますが、
芦田愛菜さんのように、
なんでも、やってみるという
のは、とても、いいことですね。

 

 

 

女優兼女医、実現すれば
すごいことですし、
芸能界でも、今までにない
経歴の持ち主と
なるでしょう。

 

 

でも、その夢への道は
決して、楽なものでは
ありません。

 

 

でも、がんばれ!と応援
したくなる女優さんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

芦田愛菜さんの学生生活

 

「中学時代は
マンドリン部に所属し、
3年生時には部長を務め、
部員たちをまとめ
あげました。
高校進学後も、
成績はトップクラスで、
学内でも常に
一目置かれている存在です」

引用元:Yahoo!ニュース

 

「バイトや芸能活動も許容される
など自由な校風ですが、
学業にはシビアで、
成績不良や出席日数が
足りない場合は
留年することもざらに
あります。
漢詩の暗記や
原稿用紙100枚近い
小説の創作といった
ハードな課題をクリア
できないと、
内申点にも影響します。
また成績上位者の多くを
占めるのが高校からの
外部受験組だといいます」

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

芸能活動をしているからと
いって、決して、甘くは
ない校風のようですね。

 

 

内部進学を目指すなら、
高校1年生の時から、
成績はオール10
当たり前だそうです。
それを、芦田愛菜さんは、
女優業を続けながら、
達成しようとしている
そうです。

 

 

 

毎日、どんなスケジュール
なのか、想像できないですね。

 

 

時には、投げ出したく
なったり、何もせずに
ボーとする時間が欲しく
なったり、しないの
でしょうか?

 

 

 

頑張りすぎて、疲れて
しまわないか、心配です。

 

 

きっと、小さい頃から、
女優業をされているし、
決められた時間で、
やりたいことをやっていく
ということが習慣に
なっているのでしょうね。

 

 

 

私達にとっては、
大変そうなことも、
芦田愛菜さんにとっては、
ごくごく普通のこと
なのかもしれません。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

女優業を続けながらも、
医師になることを夢みて、
勉学に励まれている
芦田愛菜さんですが、
時々は息抜きもして
もらいたいですね。

 

 

いろんな知識も持って
おられるようで、
大変な努力家ですね。

 

 

お父様から教わった
王貞治さんの言葉で、
努力は必ず報われる。
報われない努力が
あるとすれば、それは
まだ努力とはいえない」を
座右の銘にされている
そうです。

 

 

 

素晴らしいですね。

 

芦田愛菜さんの目指す
女優兼女医の誕生
楽しみにしたいですね。

 

 

 

これからの活躍が
楽しみでなりませんね。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事