藤原しおりが「ブルゾンちえみ」を辞めたのはなぜ?将来はイタリアに住みたい?

 

 

 

 

「ブルゾンちえみwithB」
として、一世を風靡して
いた藤原しおりさん

 

 

 

もともと、環境問題などに
関心があったことや、
2018年の西日本豪雨で
実家のある岡山で
ボランティア活動に参加
したことで、もっと
視野を広げたいと考え、
ワタナベエンターテインメントを
退社されました。

 

 

そんな藤原しおりさんの
心境をお届けします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

藤原しおりさんのプロフィール

 

 

1990.8.3生まれ

30歳

 

岡山県出身

 

ブルゾンちえみのスッピンはかわいい!?本名は藤原で名前の読み方は? | バズスクラップ

出典:バズスクラップ

 

 

藤原しおりさんが「ブルゾンちえみ」を辞めた訳とは?

 

 

 

数々の人気テレビ番組に
出演していた時に、
辞めることを決意された
ようですが、その理由とは
なんだったのでしょうか?

 

 

「ありがたいことに、
私が目指していた
世界に入れて、
自分の作ったものを
知ってもらえたり、
喜んでもらうってことが
すごくうれしかった」と
しながらも、
「続けていく中で、
みなさんが言って
くださっている
『わぁ~』っていうのと、
自分の心のギャップ
出てきて」
「1年、2年たってくると、
みんなに楽しんで
もらうもので、
結果を残さなくちゃ......」と、
プレッシャーが辛かった
ことを認めた。

引用元:MANTANWEB

 

人気があり、たくさんの
テレビ番組に出演して
いると、そんなことを
思わない人が多いと
思いますが、
そこで、気付くことが
できる、向上心の
高い方ですね。

 

 

テレビ出演が続いていた
当時について
「『私出ているだけ
なんだよな』
『みんなにすごいって
言われるようなこと
何もしていないんだよな』って
モヤモヤが処理しきれなくて」と
振り返り、
「みんなに称賛されたり、
お金を得たりすることって
素晴らしいことなんですけど、
イコール幸せじゃないって
気づいた。
自分の幸せをもうちょっと
大事にしようと思って、
この決断に至りました」と
明かした。

引用元:MANTANWEB

 

 

ご自身の幸せを
第一に考えることが
できるのも、
素晴らしいことですね。

 

 

 

「ブルゾンちえみ」
として3年で、
お茶の間にもやっと
馴染んできたのに
何でやめるの、
もったいないと
言われます。
だけど、私は
その馴染んでいく状態が
苦手だし、望んでもいない。
やりたいと思っていた
ことは全部できましたから、
今は3年間、やり尽くした
という気持ちです。
ものすごい密度で
夢が叶っていったので、
今は感謝しかありません。

引用元:婦人公論.jp

 

 

夢が叶っても、
さらに、違う夢を追う
ことができるなんて、
カッコイイですね。

 

 

人は、その場所に
居続けようとして
しまうものだと
思います。

 

 

そこを、あえて、
違うチャレンジをする
ことができるのが
すごいです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

藤原しおりさんが将来住みたいところとは?

 

 

 

藤原しおりさんは、
2018年に
プライベートで
イタリア・ローマ
旅したそうです。

 

 

 

そして、将来、
イタリアに住みたいと
考え始め、
「ブルゾンちえみ」を
辞めた後は、イタリアに
留学しようと考えて
いたそうです。

 

 

もともと興味のあった
ローマ、フィレンツェ、
ミラノの3ヵ所を
プライベートで
回ったんです。
それはそれは楽しくて、
イタリアに一目惚れ。
中でもローマがすごく
気に入っちゃって、
いつか絶対にローマに
住むぞって決めて帰って
来ました。

引用元:婦人公論.jp

 

 

 

ですが、
新型コロナウイルスの影響
留学は延期になったままだ
そうです。

 

 

 

残念ですね。

 

 

 

それでも、次から
次へと、叶えたい
夢を持つことが
できて、いいですね。

 

 

 

藤原しおりさんがお勧めする「10年日記」とは?

 

 

 

藤原しおりさんは、
「10年日記」を書き始めて、
現状への違和感や、
自分がやりたかったこと
気付くことができたと
考えているそうです。

 

 

前年の同じ日の記録を
読み返すと、1年分、
前に進んだ自分を
実感できますよね。
私、変われているな、と。
それだけでも書く価値が
あります。
その時はぜひ、
出来事だけでなく
感情を書いておくと
いいですよ。

引用元:婦人公論.jp

 

10年前の自分が考えて
いたことなんて、
覚えていないですよね。

 

 

 

やってみたら、
面白いかもしれない
ですね。

 

 

 

10年間、続けて
いけるかも問題ですね。

 

 

よく真面目だねと
言われるんですが、
私が言われている
真面目って、たぶん、
一所懸命だねという
ニュアンスだと思います。
365日何かしら
一所懸命というか、
真剣に悩んでいたり、
考えていたりして、
人生に向き合って
いるので(笑)。
“ほどほど”が苦手だから、
ぬるま湯につかっている
ような状態は、逆に
不安なんです。

引用元:婦人公論.jp

 

 

本当に、常に
一生懸命に生きて
おられるのですね。

 

 

 

カッコイイですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

 

 

まだまだ人気がある
時期での、方向転換を
されて、とても勇気の
いることだと思います。

 

 

 

それでも、夢を
叶えたことに満足せず、
次へ次へ進み続ける
姿は、カッコイイですね。

 

 

こんなふうになれたら
いいなと思います。

 

 

いつか、本当に、
イタリアに住んでいる
日も、やってくるような
気がします。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事