新型コロナウイルスの影響は芸能界にも広まる!J-LODlive補助金とは?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

新型コロナウイルスの影響は、
いろんな業界に広まって
いますが、芸能界もまた、
苦境にたたされています。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

新型コロナウイルスの芸能界への影響とは?

 

数多くの人気お笑い芸人や
俳優、女優、ミュージシャンなどを
抱えている老舗芸能事務所は
コロナ禍により経営が悪化し、
最近になって所属タレントとの
契約を見直したほか、
20人近くのスタッフを
リストラしたという。
所属タレントの中には
バラエティー番組などで
よく目にする売れっ子も複数おり、
にわかには信じがたい話だが、
取材を進めてみたところ
間違いなさそうだ。
いくら売れっ子といっても、
昨今はテレビ番組のギャラ
かなり下がっており、
冠番組を持っていたり、
大手クライアントのCM
出演しているような一握りの
トップタレントでもない限り、
会社の屋台骨を支えるほどの
収益を上げることは難しい。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

新型コロナウイルスの影響が
こんなところにも、でているの
ですね。

 

 

今の時代、どんな職業に
ついていても、いつまでも
安泰ということはなさそうですね。

 

 

折からのギャラの下降に加えて、
コロナ禍により
比較的利益率の高い
地方営業などの仕事が激減し、
大半の所属タレントの
稼働が落ち込む中、
一部の売れっ子の稼ぎに
頼るというビジネスモデルも
通用しなくなってきている
のかもしれない。
オスカーもそうだが、
前出の老舗芸能事務所のように、
所属タレントやスタッフの数が多い
大所帯の事務所ほど
苦しんでいる印象がある。

引用元:Yahoo!ニュース

 

テレビ業界でさえ、こんなことに
なるのですから、
私達のような、一般の会社員が
苦しいのは、仕方のないこと
なのかもしれないですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

J-LODlive補助金とは?

 

新型コロナウイルスの影響を
受けて、多くの事業所は、
経済産業省のよる
J-LODlive補助金」を受けながら、
公演を行っているそうです。

 

「J-LODlive補助金」は、
本質的には日本発の
コンテンツの海外展開や
プロモーションの促進、
支援のための制度なのだが、
現実的にはまずは
国内での公演を成功させるべく
、多くの事業者が申請している
というのが実情のようだ。
公式ホームページを確認すると、
9月2日の時点で予算消化率32.1%
(※交付決定額に基づき算出)と
なっている。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

こういう補助金をもらえると
いうことを、知らない人も
多くいるのでは、と思うほど、
知られていない制度のような
気がすします。

 

 

あまり、テレビなどでも、
報道されていないのでは、と
思います。

 

 

 

 

補助の内容は、
新型コロナの感染拡大の影響で
今年2月1日から来年1月31日までに
予定していた国内外の公演を延期、
中止した事業者などに対し、
中止した公演1件ごとに
上限を5000万円として、
今後実施する公演の出演料や
制作費、会場費、運営費、
感染予防対策費など規定の
対象経費の半分を
補助するというもの。
上限5000万円」「経費の半分」と
いう文言だけをみると
恵まれているようにも思えるが、
これだけの支援を受けても
公演を成功させるのは難しいという。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

金額だけみると、多いように
感じますが、公演をすると
いうことは、もっともっと
お金がかかることだと
思うので、
公演の成功には、足りないの
かもしれないですね。

 

 

また、ソーシャルディスタンス
考えると、1公演での
観客の動員数も減ってしまう
ことになりますから、
そういったことからも、
なかなか成功するのは
難しいのかもしれないですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

 

新型コロナウイルスの影響は、
芸能界にも広がっていて、
タレントやスタッフの人数が
多い事務所ほど、悪い状況に
なっているそうです。

 

 

 

 

経済産業省による補助金が
でるという制度もありますが、
あまり、知られていないように
思います。

 

 

 

また、それによって、もらう
補助金の金額で、公演を
成功させることも、
とても難しいことの
ようです。

 

 

新型コロナウイルスの影響は、
いつまで続くのかわからないだけに
どの職業の方も不安に
なりますね。

 

 

 

早くワクチンができるか、
感染の心配がなくなるか、と
いう状況になってくれることを
祈るばかりです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事