ドラゴン桜が16年ぶりに復活!!桜木が大学入試の転換期に伝えたいこととは?

 

 

 

 

 

2005年に放送された
ドラマ「ドラゴン桜」
15年後を描いた続編と
なっています。

 

 

 

前回の生徒役を務めた
6人は、15年経った今も
ジャンルは違っても、
それぞれが第一線で活躍
されています。

 

 

 

すごいことですね。

 

 

 

その中の一人、
長澤まさみさんが、
今回、阿部寛さん演じる
桜木と共に生徒を指導
していくそうです。

 

 

 

どんなふうに成長して
いるのか、楽しみですね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

前回の「ドラゴン桜」とは?

 

 

 

倒産寸前・低偏差値の
私立龍山高校にやってきた
主人公の弁護士・桜木建二が、
龍山高校を超進学校に
生まれ変わらせようと
生徒と共に奮闘する姿を
描いた。
歯に衣着せぬ物言いをする
桜木の姿は受験生の心を
惹きつけ、受験生のみならず
多くの若者に勇気を与えた
また前作で大きな話題と
なったのが、
東京大学合格のための
“桜木メソッド”と呼ばれる
勉強法。
「1日16時間勉強法」
徹底し、物理の公式の実践、
卓球やトランプを
しながらの計算など、
突飛だが実に
理にかなったそれらの
勉強法は視聴者を驚かせ、
実際にその勉強法を実践し、
大学受験で合格を
勝ち取った学生も
多かったという。

引用元:TBS

 

 

 

桜木弁護士の、
本当の現実というものを
生徒に語る教え方は、
見ているほうも、納得の
できるものでした。

 

 

 

言いづらいことも
はっきり伝えて、
知りたくない現実を
教え、一見、きつく
聞こえることも、
実は本当に生徒のことを
思っているからこその
発言であることが
感動しました。

 

 

 

 

こんなことを教えて
くれる大人は、なかなか
いないと思います。

 

 

 

なんて人だ!と思われる
ことなど、おかまいなしで、
生徒の東大合格への道だけを
教えようとする姿は、
気持のいいものでした。

 

 

 

それが、なかなか、
生徒には伝わらない
部分が歯がゆいときも
ありましたが、
私も、こんな先生に
出会いたかったと
思えるような大人の
人です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

16年後を描いた「ドラゴン桜」とは?

 

 

 

前回の放送から
16年が経ち、あの時の
生徒達がどのような
人生を送っているのかも
ぜひ、知りたいところ
ですね。

 

 

 

桜木弁護士自身も、
あの時と変わりなく
相変わらずなのか、
どんなふうになっている
のか、とても楽しみ
ですね。

 

 

 

 

大学入試も、転換期を
迎え、16年前とは
違った勉強法が登場
するのか、見どころ
ですね。

 

 

 

 

社会で必要とされる力が
変わってきたことにより、
実践的な学力を測る試験に
合格するための、時代に
合わせた勉強法と受験への
心得を届けようと
しているそうです。

 

 

 

 

そして、桜木弁護士とともに、
かつての教え子の
長澤まさみさんが、生徒の
指導をするそうです。

 

 

 

長澤さん演じる水野は、
今回様々な困難に
ぶち当たりながらも、
絶対的な笑顔と優しさで
生徒のことを考えていく
弁護士です。
そんな水野がクールで
皮肉たっぷりの桜木を
怒ったり、蹴飛ばしたり、
「このおっさん!」と
怒鳴りつけたり・・・
バディとして加わることで
どんな化学反応が起こるのか、
この二人がどうやって生徒を
東大に導くのか、
最後まで見守って
いただければと思います。

引用元:TBS

 

 

楽しい掛け合いが
見られそうですね。

 

 

 

日曜日が楽しみに
なりそうです。

 

 

 

 

 

長澤まさみさんの意気込みとは?

 

 

 

前回のドラマでは、
残念ながら、東大合格は
できなかった役でしたが、
その後、一浪して東大に
入り、弁護士として、
桜木の弁護士事務所に
所属しているという
設定だそうです。

 

 

 

私にとって
『ドラゴン桜』は
青春が詰まった作品です。
本当に長く愛されている
作品で「好きだった!」と
今でも言われることが多く、
前作から16年も経って
いたという実感が
私自身あまりありませんでした。

きっとテレビの前の
皆様もこの作品が
戻ってくることを、
楽しみにしていて
くれたんじゃないかなと
思います。
私も撮影をすごく
楽しみにしています。

私が演じる水野は
前回と立場が変わって
いるので、
改めて身を引き締めて
頑張ります。
ぜひ楽しみに
していてください!

引用元:TBS

 

 

 

かつての桜木弁護士の
教え子だった水野
だからこそ、理解できる
生徒の気持ちというものが
あるかもしれないですね。

 

 

 

長澤まさみさんが、
連続ドラマに出演するのは
12年ぶりだそうです。

 

 

 

 

その間も、女優としての
活躍は、皆さんも
ご存知のとおりです。

 

 

 

 

どんな成長を見せて
くれるのか、楽しみ
でしかたないです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

2005年に放送された
ドラマ「ドラゴン桜」が
16年ぶりに復活します。

 

 

 

 

阿部寛さん演じる
桜木弁護士が、
かつての教え子である
長澤まさみさん演じる
水野とともに、
大学入試の転換期とも
いえる2021年に
どのようなことを
伝えてくれるのか
楽しみですね。

 

 

 

 

そして、かつての
生徒、それぞれが
どんな人生を送って
いるのかも、盛り込んで
もらいたいですね。

 

 

 

 

2005年に生徒役を
されていた6人は、
それぞれのジャンルで
今も第一線で活躍されて
います。

 

 

 

 

今回の生徒役に選ばれた
人も、長く活躍してくれ
そうな人ばかりかも
しれませんね。

 

 

 

楽しみですね。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事