藤森慎吾が吉本を退社しないとできないこととは?独立して一番大変なこととは?

 

 

 

 

昨年末に吉本興業を
退社した藤森慎吾さん

 

 

 

独立して、一番大変だと
思っていることとは?

 

 

 

また、退所したからこそ
できることとは?

 

 

 

また、半生を振り返った
書籍、「PRIDLESS
受け入れるが正解」
注目を集めているそうです。

 

 

 

 

どんな内容なのか
気になりますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

藤森慎吾さんが吉本興業を退社して一番大変なこととは?

 

 

 

吉本興業を退社して、
なんでも自分でやらないと
いけなくなり、
マネージャーさんという
存在のありがたさを実感
するとともに、その仕事の
膨大さにビックリされて
いるそうです。

 

 

 

事務のことも、今は、
ご自身でされている
らしく、やったことが
ないことなので、
大変だそうです。

 

 

 

なかでも、一番大変なのは、
スケジュール調整だそうです。

 

 

 

先方との日程調整が
こんなにも面倒なこと
だとは思わなかった
そうです。

 

 

 

ようやく、マネージャーの
仕事の全体像が把握できて
きたところだそうです。

 

 

 

ゆくゆくは、誰かに
任せたいと考えて
おられますが、その前に
自分が理解しておく
必要があると思って
いるそうです。

 

 

 

藤森慎吾さんがこれからやりたいこととは?

 

 

 

相方の中田敦彦さんが
先に退所を決めたことに、
のっかった形で辞める
ことを決めたそうですが、
半ば衝動的に決めた
そうです。

 

 

 

 

辞めても自分なりに
なんとかやっていけそう
かなという自信がもてた
そうです。

 

 

 

 

そして、もう1つは、
吉本興業を退社しないと
叶わない目標
できたことがあります。

 

 

 

 

その目標とは?

 

 

 

2025年
オリエンタルラジオ20周年
RADIO FISH10周年

を迎える年になるそうです。

 

 

 

その時、中田敦彦さんと
藤森慎吾さんが主導して
思った通りの興行を
するには、2人揃って
辞めたほうが、
話が進みやすかった
ということが
あるそうです。

 

 

 

 

大きな目標に向かって
それぞれの道を
歩いていこうと
決心した!という
ことだそうです。

 

 

 

カッコイイですね!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

藤森慎吾さんが出版された本「PRIDELESS」とは?

 

 

 

今年1月に初の著書
「PRIDELESS」
出版されました。

 

 

 

発売のタイミングから
暴露本だと思われた
そうですが、出版の
話は前から決まって
いたそうです。

 

 

これまでの自分の経験から、
ちょっとした生き方のコツ
みたいなものが
導き出せたらいいかなと
思って、本の企画を
スタートさせたんです。
やってみると、
本づくりって
いいもんですね。
自分のことをぐっと
客観視するきっかけに
なって。
こんな機会でもないと、
自分のことをここまで
真摯に見つめ直すなんて
ことはないですから。

引用元:文春オンライン

 

 

「こだわらない、
逆らわない、
競わない、
諦めない」という
考え方だということが
書かれているそうです。

 

 

 

その訳とは?

 

 

 

 

それが一番楽な生き方
だから、だそうです。

 

 

 

 

そうできたらいいな、とは
思いますが、それを
実践するのは、かなり
難しいことのように
思います。

 

 

 

そして、今の状況と姿勢が
とにかく居心地がいい
そうです。

 

 

 

そう思うようになると
仕事もプライベートも
うまく回るようになった
のだとか。

 

 

 

 

よかったですね!

 

 

 

どんなことが
書かれているのか、
読んでみたくなり
ますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

藤森慎吾さんは、
昨年末に吉本興業を
退社されました。

 

 

 

マネージャーという存在の
ありがたさを実感して
いるそうです。

 

 

 

 

今は、なんでも、ご自身で
されていて、やっと、
マネージャーの仕事を
理解してきたところだとか。

 

 

 

 

そして、今年1月に
初の著書を出版され
注目を集めています。

 

 

 

 

2025年に
オリエンタルラジオ20周年
RADIO FISH10周年を
迎えるときには、
中田敦彦さんと何か
大きなことをしようと
考えておられるようでも
あります。

 

 

 

楽しみですね。

 

 

 

 

その時まで、
それぞれの道を
楽しく進んでいって
もらいたいですね。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

よかったら、こちらも
お読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事