ヒロシが人付き合いがいやでソロキャンプ始めるも人が集まってくる訳とは?

 

 

ソロキャンプを極める
ために山を購入した
ヒロシさん。

 

 

 

 

人付き合いがいやで、
ソロキャンプを始めた
のに、かえって、
まわりに人が集まって
しまったそうです。

 

 

 

 

 

なぜ、そうなったのか?
気になりますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ヒロシ流、
「一人を楽しむ極意とは?」
調べてみたいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ヒロシさんがYouTuberとして再ブレイクの訳とは?

 

 

芸人として、
一世を風靡したヒロシさん。

 

 

 

今度は、登録者数93万人
超えるYouTuberとして、
再ブレイクしているそうです。

 

 

 

そのYouTubeの内容とは
なんでしょう?

 

 

 

 

投稿される動画の
内容は、一人で
キャンプを楽しむ
ソロキャンプ
だそうです。

 

 

好きなことをするのに
一人はダメってことは
ないという思いから、
一人を楽しむ極意
教えてくれるそうです。

 

 

精神的に疲れ、
テレビでの仕事を
減らしてからは、
釣りに行ったり
バンドを組んだり、
バーを開いたりなど、
好きなことをやったという。
芸人以外の道で
何ができるかわからないので、
好きなことを含めて
いろいろなことに挑戦し、
たくさんの種をまいたんです。
どれか1つでも
芽が出ればいいなと思って」
ソロキャンプの様子を
YouTubeで配信し始めたのも、
こういった挑戦のうちの
1つだった。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

もともとの才能が
ある方だからこそ、
いろんなことに挑戦
しても、成功に繋がる
ものが発見できるの
でしょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ヒロシさんの「焚火会」とは?

 

 

ヒロシさんは、人付き合いが
苦手で、ソロキャンプを
始めたそうですが、
最近、同じ思いの
ソロキャンパーの人が
集うようになったそうです。

 

 

焚火会」と呼んでいる
そうです。

 

 

同じ場所でキャンプはする
ものの、自分のことは
自分でやって、各自、
勝手に楽しむそうです。

 

 

 

暗闇が怖くても、
獣に襲われても、
周りに仲間がいれば、
助け合えるし、
心強いそうです。

 

 

 

基本的に、一人を楽しむ
ことが好きな人の集まり
だから、余計なことを
言う人はおられない
でしょうから、
いい関係になれるかも
しれないですね。

 

 

ヒロシさんの一人でいることへの思いとは?

 

ぼくは48才で独身。
このままずっとひとりで、
孤独死するかも、
と思わないことも
ありません。
でもそれも悪くない。
逆に、孤独死したら
ダメという人には
何が困るのかと聞きたい。

引用元:Yahoo!ニュース

 

ひとりで自由に生きていれば、
人に気を使わなくても
済むけれど、
だからといって
気楽ではありません。
ひとりの自由を
押し通すためには、
面倒なことをたくさん
クリアしないといけない。
ぼくの場合、ソロキャンプを
楽しむために山林を
買いましたが、
そのためにはもちろん、
お金をためないと
いけませんでしたし、
今後は山林の手入れも
自分でしないとならない。
やりたいことをやって
生きる方が本当は
大変なんですよね。
ぼく自身、いまは
その作業の最中。
そうやって生き続け
られればいいかなと
思っています」

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

一人を楽しむという
のは、思った以上に
簡単なことではなく、
一人で何でもすると
いう覚悟が必要だと
いうことかもしれません。

 

 

 

 

でも、今の時代、
人間関係に疲れ、
一人でいることを
選ぶ方も多いのかも
しれないですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

 

ヒロシさんは、一人でいる
ことを楽しむために、
山を購入し、ソロキャンプを
する様子をYouTubeの動画に
したところ、登録者数が
93万人になり、
再ブレイクされています。

 

 

 

一人でいることを
とても、前向きに考えて
おられます。

 

 

 

また、一人でいることの
大変さも、覚悟されている
ようです。

 

 

 

 

なんでも、自分でどうにか
するという思いでいれば、
一人でいても、
不安になることはないの
かもしれないです。

 

 

どんな状況で生きて
いても、自立していれば、
不安になることは
ないですね。

 

 

見習っていきたいです。

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事