伊沢拓司が東大とクイズについて語り受験生へ送る言葉とは?

 

 

 

中学時代から、
開成学園クイズ研究部に
所属し、高校生の時には
全国高等学校クイズ選手権」に
出場し、開成高校を優勝に
導いた伊沢拓司さん

 

 

 

 

東京大学経済学部を
卒業されていることで、
東大だからクイズに
強いと思われることに
疑問を持たれている
ようです。

 

 

 

 

どんな考えをお持ちなのか、
気になりますね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

伊沢拓司さんのプロフィール

 

 

 

1994.5.16生まれ

 

26歳

 

埼玉県出身

 

「izawatakushi 画像」の画像検索結果

出典:Free Talk

 

 

 

伊沢拓司さんにとってクイズとは?

 

 

 

明確なルールとゴールが
示されていて、
そのなかで、いかに努力
するか、という考え方と
対策の立て方はクイズから
学ぶことができたそうです。

 

 

 

ただ、それは、
受験に役立つと思った
ことはないそうです。

 

 

 

 

東大だからクイズに
強いというのは、
結びつかないそうです。

 

 

 

 

クイズに強い人たちは、
本を読み、現場に行き、
ニュースを追って、
もちろん過去問も
詰め込んで、
さまざまな知識を
得ています。
断片的な知識も、
体系的な学びも、
どちらも必要です。
知識を役に立つか
どうかで測ること自体が
無意味です。
クイズという遊びの
懐の深さをもっと
アピールしたいですね。

引用元:日刊スポーツ

 

 

 

高2までの5年間
1日12時間、クイズ漬けの
毎日だったそうです。

 

 

 

ですが、クイズで得た
知識が受験で役立ったと
感じたことはないそうです。

 

 

 

東大出身というだけで、
なんでも知っていると
思われがちですが、
クイズに強い人は
そうなるための努力を
しているということですね。

 

 

 

 

受験のために
たくさん勉強をしたから、
クイズに強いという
ことではないようです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

伊沢拓司さんが東大について思うこととは?

 

 

 

大学が何かをして
くれるわけではなく、
自分がそこで何をするか
大事だと
おっしゃっています。

 

 

 

大学に進むことが
目的ではなく、
そこで何をするのかが
大事なのです!

 

 

 

どんな大学でも、
そこで何をするかという
目的意識こそ大切です。
目的に優劣はないし、
大学の格も関係ありません。

引用元:日刊スポーツ

 

 

 

ただ、周りが大学に
行くからという理由で
進学される方が多いのも
現実です。

 

 

 

高校生の頃に、
どんな未来にしたいのかを
よく考えないといけない
ですね。

 

 

 

よく考えて受験した
結果なら、後悔することも
ないですから。

 

 

 

伊沢拓司さんから受験生の皆さんへ送る言葉とは?

 

 

 

幼い頃から、学ぶことが
好きだったという
伊沢拓司さんですが、
受験においても、ずっと
成功されてきている
印象ですよね。

 

 

 

そんな伊沢拓司さんから、
これから、受験する
皆さんに次のように
語っておられます。

 

 

 

合否で人生は
変わりますけど、
すべてが決まるわけ
じゃない
結果は現時点での
ランキングだし、
人格を否定する
ようなものでは
ないんです。
結果を出せなかった
過程を反省し、
次に生かせば
挽回可能です。
努力は確実性を
高めてくれるけど、
絶対のものでは
ないですから。
浪人の経験が後に
生きることだって
あるし、
合否の意味を過度に
とらえる必要は
ありませんよ

引用元:日刊スポーツ

 

 

 

伊沢拓司さんの
おっしゃっている
とうりだと思います。

 

 

 

これから、受験が控えて
いる皆さんの励みに
なりそうな言葉ですね。

 

 

 

今は、焦ったり、
不安になったりしている
時だと思いますが、
今の時期はその不安と
一緒に進むしかないです。

 

 

 

 

焦る自分に焦って
パニックにならない
ことが大事!だ
そうです。

 

 

 

受験生の皆さん、
落ち着いて、頑張って
ください!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

 

伊沢拓司さんは、
受験には失敗していない、
ずっと成功されてきた方
ですが、クイズに強いから
受験に成功したわけでもなく、
クイズと受験を結びつける
のは違うと考えておられます。

 

 

 

クイズに強い人は、
その人なりに、知識を習得
するために努力されて
います。

 

 

 

それは、受験にも強いと
いうことではないそうです。

 

 

 

今、受験生の皆さんは
受験での合否を
重く受け止めすぎず、
失敗しても、結果を
だせなかった過程を
反省し、次に生かせば
いいと考えておられます。

 

 

 

不安や焦りもあるけれど、
今は、それと一緒に
過ごす時期だと考える
のがいいようです。

 

 

 

受験生の皆さん、
伊沢拓司さんの言葉を
胸に頑張ってください。

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事