関ジャニ∞横山裕の壮絶すぎる過去に視聴者からは「幸せになってほしい」

12月28日に放送された「NHKスペシャル 令和家族幸せを探す人たち」で関ジャニ∞の横山裕さんが自身の壮絶な過去を語り、話題となりました。

横山さんは2020年5月に39歳の誕生日を迎えますが、アラフォーには見えない美しさで”奇跡の38歳”と呼ばれています。

横山裕の壮絶すぎる過去

実の両親の離婚

横山さんは3歳の時に親の離婚を経験しました。当時車の中で父親と母親が別れ話をしていたことを今でも鮮明に覚えているそうです。

その後、母親と離れて祖父母のもとで暮らしていたが、祖父が病気で亡くなり、再び母親のもとで暮らすようになった。

スポンサードリンク

母の再婚

母方に引き取られ、5歳のときに母親が再婚し、義理の父親と暮らすことになりました。

横山さんは「義理の父親が突然僕に向かって、『今日からお父さんと呼びなさい』といったのは覚えています。衝撃でしたね。全然言えなかった。」と同番組の中で告白した。

「お父さん」と呼べない横山さんのことを義理の父親は「早く呼べ」と頭をどついたり、棒で殴ったりしていたそうです。義理の父親の怒号に母親もよく泣いていたといいます。

仕事を始める

父親の代わりに母親が仕事を掛け持ちし、横山さんも中学卒業と同時に建設会社で働きながらジャニーズJr.のレッスンに通いました。

追い打ちをかけるように、横山さんの母親が癌になり、再婚相手と離婚した。弟が施設に入らざるを得なくなり、離れ離れになってしまいました。

関ジャニ∞でデビュー後の家族

関ジャニ∞としてデビューした後に母親が亡くなり、そのショックで弟が記憶喪失になるという壮絶な経験が彼を待ち受けていた。

スポンサードリンク

当時の心境を語る

横山さんは「義父のことは悪く言いたくないが、まだ許せていない部分もあり、何年も会っていないことがずっと引っかかっている」と明かした。

それでも「俺に謝ったり、ありがとうっていうことでオトンの気持ちが楽になるかなと思って。謝らせてあげた方がいいのかな。と思った。」と語っている。

まとめ

今回は関ジャニ∞横山裕さんについてお伝えしました。

2019年横山さんはファッション情報誌のインタビューにて「来るもの拒まずというスタンスでいろんなことに挑戦したい」と語っている。ライブ・バラエティ・ドラマなど幅広い分野で活躍中だ。今後の彼の真の強さでいろいろなことに挑戦する姿をファンに届けてほしい。

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

※「令和家族」は2020年1月11日午前1時10分から再放送の予定

おすすめの記事