神崎恵 年齢を重ねるたびに磨きがかかり輝いている秘訣とは?

 

 

 

 

「今の肌が一番好きです」と、
おっしゃる神崎恵さん

 

 

 

躊躇なくそう言えるのには、
訳がある、と思います。

 

 

 

全体からでる空気感が
キレイなひとこそ、
美しい人だと言える、
そう考えているそう
です。

 

 

 

その空気感は、
どのようにしたら、
手に入れられるのか、
気になりますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

神崎恵さんのプロフィール

 

 

 

1975.12.13生まれ

45歳

 

神奈川県出身

 

 

神崎恵 オフィシャルブログ「MAKE ME HAPPY」Powered by Ameba

出典:アメブロ

 

 

神崎恵さんが「今の肌が一番好き」という訳とは?

 

 

 

 

若い頃は、無理なダイエットで
肌がしおれていた気がすると
思っているそうです。

 

 

そして、40代以降は、
若い頃とは違う
肌質感が出せる世代
です。

 

 

 

 

密でねっとりとしていて、
湿度がある肌を目指すこと
ができます。

 

 

 

 

とはいえ、アラフォーと
なると、日々、肌の衰えを
感じる時もあります。

 

 

 

 

そんな時、神崎恵さんは、
次のように考えるそうです。

 

 

「若い人と比べない。
若いころの自分とも
比べない。
比べるのは心に
よくないです(笑)。
私は昔に戻りたいと
思ったことはないんです。
年齢は年齢
20代の肌にはなれないと
いい意味であきらめが
ついているので。
それより今の肌を
どうやっていい状態、
なりたい肌にしていくか
が肝心。
頭を使って作った
40代の肌には、
若いコの肌とは違う魅力が
あるものです」

引用元:HAPPY PLUS

 

 

なるほど、と思える
考え方ですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

神崎恵さんに学ぶ「欲しい肌を手に入れるコツ」とは?

 

 

 

基本は日々のスキンケア

毎日続けやすい、シンプルな
ベーシックケアを土台に
しつつ、肌の調子に
応じてアレンジケアを
していくそうです。

 

 

なりたい肌を明確にイメージ

 

肌の理想像を思い浮かばせる
ことができると、ケアや
メイクにやりがいを感じる
ことができるそうです。
写真集・SNS・雑誌など、
アンテナをはりめぐらせて、
具体的な肌のイメージを
ふくらませていくそうです。

 

素肌感を大切に肌を装う

 

その日の服やメイクごとに
肌を装うことを楽しむように
しているそうです。
ベースメイクは、極力
薄くする。
そして、トラブルは、
コンシーラーでオフに
するそうです。

イメージ力と育成力と装い力で
「進化」させる。

 

 

 

そうすれば、欲しい肌が
手に入るそうです。

 

 

 

神崎恵さんのテーマ「ヘルシーであること」とは?

 

 

 

神崎恵さんは、
鍛えたり、お風呂を
活用したり、空間を
香りで満たして、
すがすがしい人へと
前進されています。

 

 

 

コロナ禍の在宅期間中、
トレーニングに励んで
いたら、気持ちが
ヘルシーになった
そうです。

 

 

 

そして、無駄なことで
悩まなくなったそうです。

 

 

 

運動することは、
気持ちにも、体にも
いいことなのですね。

 

 

 

そして、お風呂も楽しみの
1つになっているそうです。

 

 

入浴剤をいれて、
20分から1時間つかる
そうです。

 

 

 

日々の暮らしのなかで、
香りを楽しむことも
大切だそうです。

 

 

 

香りをまとうのではなく、
空間に漂わせるように
しているそうです。

 

 

 

そして、過度な女っぽさを
目指すのではなく、
「すがすがしい人」
なりたいそうです。

 

 

 

スクっと立っていることの
気持ちよさを感じていたい
そうです。

 

 

 

そのようにして、
心も体にも、換気を
して、すがすがしい人に
なっていってるのですね。

 

 

 

素敵な女性ですね。

 

 

 

 

こんな女性になれたら
いいですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

アラフォーになっても、
とても美しい女性です。

 

 

 

どのように生活すると
神崎恵さんのように
内面も、見た目も
体も美しい女性に
なれるのかを
お届けしました。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

神崎恵さんのように、
心も体もヘルシーに
なるための参考に
なれば、幸いです。

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事