加藤シゲアキ最新作「オルタネート」10万部突破するも直木賞受賞とはならず

 

 

 

 

ジャニーズでありながら、
小説家としても有名な
加藤シゲアキさん

 

 

 

 

そんな加藤シゲアキさんの
最新作「オルタネート」が、
早くも10万部を突破し、
直木賞候補にもなりました。

 

 

 

 

注目の直木賞受賞は
叶ったのでしょうか?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

加藤シゲアキさん直木賞受賞を逃すも次に期待される

 

 

 

 

選考では、候補6作のうち
上位4作に入った。
文章の冗漫さや
「物語としての破綻のなさ」を
指摘する意見があった一方で、
青春小説として非常によく
書けていると評価する声も
多かった。
ただし、西條さんの
「心淋し川」がより
圧倒的な支持を集めたため、
直木賞受賞には至らなかった。

 

引用元:産経新聞

 

 

惜しくも受賞は逃しましたが、
今後の作品に、大いに期待
されているようです。

 

 

選考委員を務めた方は、
小説の腕を格段に上げて
いるし、作家としての
加藤シゲアキさんの
今後に期待を寄せて
おられるそうです。

 

 

 

 

嬉しいですね。

 

 

 

 

今回のことをバネに、
さらなる飛躍をされること
でしょう。

 

 

 

次回作も楽しみですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

加藤シゲアキさんが小説を書き続ける訳とは?

 

 

 

 

加藤シゲアキさんは、
ジャニーズでありながら、
小説家でもあり、
その小説家としても、
とても評価されて
おられるようです。

 

 

 

 

そうなれたのも、ファンの
皆さんの応援のおかげだ
そうです。

 

 

 

1作目を出版された時に、
書店を回られたそうです。

 

 

 

その時に、書き続けて
くれないと、応援できない
から、続けてください
言われたそうです。

 

 

 

確かに、辞めてしまったら、
応援できなくなりますね。

 

 

 

その言葉を聞いた時から、
今では、小説を書くことが
ライフワークになっている
そうです。

 

 

 

もともと、文章を書くことが
好きだったこともあり、
続けていくことが、
楽しくなっておられるの
かもしれないですね。

 

 

 

 

そして、このような賞の
候補になるということは、
とても励みになりますね。

 

 

 

そして、次は受賞できるように
と考えて、もっと、いい作品を
書けるようになられることと
思います。

 

 

 

 

応援しています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

加藤シゲアキさんの
最新作「オルタネート」が
直木賞候補になって
いましたが、惜しくも
直木賞受賞とはなりません
でした。

 

 

 

残念ですが、選考委員の
方からも、高い評価を
されていたようで、
加藤シゲアキさんの今後に
期待されているようです。

 

 

 

 

今回の直木賞候補に
なったことを励みに
小説を書き続けて
もらいたいですね。

 

 

 

そして、次こそは、
直木賞作家となられると
いいなと思います。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

 

 

よかったら、こちらも
お読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事