加藤シゲアキが執筆を始めて10周年の節目で受賞した賞とは?

 

 

 

 

作家としての活動を
始めて、ちょうど10年の
節目の年に、初めての
文学賞を受賞された
加藤シゲアキさん

 

 

 

 

ジャニーズでありながら、
作家活動をすることを
10年続けてきた自分を
褒めてあげたいと
おっしゃっています。

 

 

 

 

加藤シゲアキさんの
受賞の喜びの声を
お届けしたいと
思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

加藤シゲアキさんが受賞した賞とは?

 

 

 

 

加藤シゲアキさんが、
小説「オルタネート」で、
第42回吉川英治文学新人賞
受賞されました。

 

 

 

 

作家デビューから、
ちょうど10年、
初めての文学賞受賞
そうです。

 

 

 

 

その吉川英治文学賞とは
どんな賞なのでしょうか?

 

 

作家吉川英治の偉業を
記念して設立され、
第1回は1980年(昭55)。
選考は年1回、3月上旬に実施。
大衆文学が対象となる。
これまで北方謙三氏、
伊集院静氏、宮部みゆき氏、
浅田次郎氏、馳星周氏、
伊坂幸太郎氏、恩田陸氏らが
受賞。

 

引用元:日刊スポーツ

 

 

そして、この賞の受賞は、
アイドルとしても、
ジャニーズとしても
初の快挙だそうです。

 

 

 

 

10年間、続けてきて
よかったですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

加藤シゲアキさんが受賞の喜びを語る

 

 

 

 

 

受賞の知らせは、
ジャニーズ事務所の
会議室で聞いた
そうです。

 

 

振り返れば長い作家生活。
10年やめずにきたこと、
10年前の自分を
ほめてあげたいです。
文学賞を経ず、
ジャニーズとして
作家活動を始めたことへの
負い目を口にしながら
「文学界は温かく迎えて
くれたことがうれしかった。
新人賞をいただいたことで
恩返しできたかな
ここからがスタートだと
思っています」と話した。

引用元:日刊スポーツ

 

 

アイドルをしていること、
ジャニーズであることで、
偏見を持たれることも
あるかもしれないです。

 

 

 

 

いろんな思いを乗り越えて、
手にした賞ですね。

 

 

 

 

そして、
「書くことより、
もう書くなと言われる
ことが苦しい」
おっしゃっています。

 

 

 

 

書くことがライフワークに
なっているということ
でしょうか?

 

 

 

 

素晴らしいですね。

 

 

 

 

加藤シゲアキさんが受賞を知らせたい人とは?

 

 

 

加藤シゲアキさんが
受賞の喜びを伝えたいと
思っている人が、
故・ジャニー喜多川氏と
藤島ジュリー社長だそうです。

 

 

 

 

ジャニー喜多川氏は、
「物語は作ることが
できるということを
僕の前で体現した
初めての人」
語っておられます。

 

 

 

 

ジャニー喜多川さんの
影響をたくさん受けて
こられたのでしょうね。

 

 

 

 

藤島ジュリー社長は、
加藤シゲアキさんに
小説を執筆することを
勧めた方だそうです。

 

 

 

 

加藤シゲアキさんは、
お2人のおかげで、
作家活動が始まったと
感謝しておられる
そうです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

加藤シゲアキさんが
第42回吉川英治文学新人賞を
受賞されました。

 

 

 

 

アイドルとしても、
ジャニーズとしても
初の快挙だそうです。

 

 

 

 

作家活動を始めて
ちょうど10年の
節目の年の受賞と
いうことで、
喜びもひとしおだと
思います。

 

 

 

 

加藤シゲアキさんは
故・ジャニー喜多川氏と
藤島ジュリー社長の
おかげで、作家活動を
始めることができた
ことを、とても感謝
しておられるようです。

 

 

 

次回作への意欲も
見せておられます。

 

 

 

楽しみですね。

 

 

 

頑張ってください!

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

よかったら、こちらも
お読みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事