木村花の猫は無事?誹謗中傷で自殺って本当?リストカットが日常

スポンサードリンク

プロレスラーであり、人気番組「テラスハウス」の出演者でもある木村花さんの突然の訃報。心よりご冥福をお祈りいたします。

SNSでの誹謗中傷に心が傷つき、ときにはリストカットの写真までSNSにアップするほど、深く心を痛めていた木村さん。

その死因は正式には発表されていませんが、おそらく自殺だろうと推定されており、多くの有名人が反応していますね。まさにこの時代を象徴する事件であるといえると思います。

今回はその木村花さんについてお伝えしていきます!

スポンサードリンク

死因は自殺で、硫化水素を使用していた

死因は自殺であり、硫化水素を使ったものと推定されています。(ご家族の意向により、発表はされていません。)

硫化水素での自殺

健康な成人が18時間被曝しても影響のない最低限の許容濃度が10ppm0.0001%)です。2030ppmぐらいの濃度になると、腐食性のあるガスのため臭覚細胞が嗅覚疲労を起こし、数秒で臭いを感じなくなります。数百ppm以上ともなると、臭いを感じる前に意識低下を引き起こし、1000ppm以上では速やかに死に至ります。

そして空気中の混合率がパーセントレベルの高濃度(毒性としては即死するレベル)になってくると、引火性(爆発性)ガスとしての性質も発揮します。この爆発性のある濃度を爆発限界といって、数%50%の状態であれば、タバコの火や静電気の火花程度で大爆発を起こします。

この性質から、自殺に硫化水素を使うと0.06%600ppm)であれば30分以内に死亡し、ppmってレベルじゃない濃い気体を吸い込むと瞬間的に死ぬので安楽死……と広まったわけですが、高濃度ガスはショックや予測不能な生理現象を引き起こすことがあるので、必ずしも安楽死ではありません

実際に失敗した人の体験談では、猛烈な頭痛や吐き気、悪寒、呼吸困難、気管支炎、気管を中心に激しい痛みなどを体験する場合もあるようです。また自殺に失敗した場合、肺水腫などの循環器系障害が重くのしかかることになります。

Exciteニュースより引用

猫は無事なのか

猫は無事なのかというところですが、ここは明記されているところはありませんでした。

硫化水素になると、同じ空間に猫がいれば巻き添えになってしまいます。せめて、花さんの愛した猫は無事生きていることを願います。

スポンサードリンク

死因は自殺だったのか

そもそも自殺というのは本当なのか、というところでいうとご家族の意向により、発表はされていません。

死因などの調査の進捗状況に関しては、「警察による判断の結果、事件性は無いものと伺っております。より詳しい死因等につきましては、ご遺族のご意向により公表を差し控えさせて頂きます。こちらの詳細については、今後も当社の会見、リリース等において、公表を行う予定はございません」と説明した。

葬儀については、「内々に行いたいというご遺族のご意向により、日時や場所の公開は控えさせて頂きます。マスコミ、ファンの皆様はご配慮頂きますようお願い申し上げます」。それでも、ファンからの木村さんをしのぶ声が絶えないことを受け、「現在新型コロナ禍のため開催日時は未定ではありますが、木村花選手の追悼興行の開催を検討しております。また興行以外にも映像や写真など、ファンの皆様へお届け出来ればと話し合いを行っていく予定です」。詳細は改めて発表するとしている。

Yahooニュースより引用

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

これから、多くの人がこのSNSでの誹謗中傷の対策に向けて動き出すと思います。暇つぶし程度でやっていた人もいると思いますが、それが死にたくなるほど人を追い詰めていることに気が付いているのでしょうか。

万全の対策と、その人がしっかり反省するくらいの法律を用意するよういろんな人が動き出すと思います。ここまで話題になってしまったんですから。今まで誹謗中傷をしてきた人は覚悟をするべきかもしれませんね。

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

おすすめの記事