スポンサードリンク

最近感染者が増えてきた(検査できる数が増えただけかもしれませんが)新型コロナウイルスでついに家族全員で感染してしまうという事態になってしまいました。今回はこのご家族のどこに住まれているご家族なのか、そしてこのご家族同士も接触があったのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

家族全員感染のニュース

話題のニュースがこちらです。

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに292人確認されたと発表した。1日あたりの感染者が300人を下回るのは7月29日(250人)以来となる。同31日(463人)と8月1日(472人)は2日連続で400人を超え、1日あたりの過去最多を更新していた。

292人を年代別にみると、20代が138人と最も多く、30代が65人で続く。この世代で全体の約7割を占めた。40代が40人、50代が20人、10代と60代が各9人だった。また2日時点で感染経路がわからない人は179人(61%)を占めた。  感染経路別では、家庭内感染が30人にのぼった。5人家族2組と4人家族2組では、それぞれの家庭内で最初に感染がわかった1人以外の全員も感染していることがわかった。また2日までに、地方に旅行した7人グループのうち6人が感染したり、3人で車で釣りに行って全員が感染したりしたことが確認されたという。同僚や友人との会食で感染した人も16人にのぼった。  都は3~31日、都内全域の酒類を提供する飲食店と全カラオケ店を対象に営業時間を午後10時までに短縮するよう要請し、全面的に応じた中小事業者には協力金20万円を支給する。小池百合子知事は2日、報道陣の取材に、「ご協力をお願い申し上げます」と呼びかけた。

Yahooニュースより引用

そしてこのニュースに関する世間の声はこちらです。

一般的な日本の狭い家では
家族内感染しない方が難しいです。
少ない部屋数にトイレやお風呂もひとつしかない。

家族感染なんて防ぎようがない。
要は、警戒してても誰でも感染する可能性があり、
感染者を差別するなど決してあってはならない、ということ。

東京を除外して、大都市の感染が爆増して、こんな中途半端な気分の中、GO TOは想定通りの成果を上げることができるのだろうか。今週の半ばからは、GO TO初期の4連休から、10〜14日にあたる。桁がひとつ変わってくるかもしれない。もうすでに自治体によっては、独自の緊急事態宣言を発出しだしている。次々と自治体が声を上げ始めたら、GO TOどころではなくなるだろう。政府は、そこまで想像しているのだろうか…。

今の陽性の重症率、死亡率、などを年代別に出したり、わかっている有効な対処療法や有効な予防策を詳しく出す方が有難い。政府はもう風邪と判断して経済を回す事にしたのだからその明確な説明をすれば良いのに、安倍さんは逃げてばかり。結局1次安倍内閣の時と同じで責任を投げ出した印象しかない。

そりゃあ自宅で生活を共にしていれば感染する事は避けられるはずがない。むしろ感染しない方が奇跡的に近いでしょう。部屋は独立していたとしても、トイレや風呂は各家庭のほとんどが一つしかなく、感染防止対策等は不可能に近い。ここまで市中感染が蔓延していると、いつ自分が感染するかすら分からず、感染していたとしても無症状ならその自覚すらない。全ては第二波の兆候が現れ始めていた夜の街関連業種への対策を一切行わなかった事が今日の事態を招いた要因でしょう。

日曜でこの人数なんて今週は500人越えるのも見えてきたね
8月には日に検査数を1万件まで可能にすると発表している小池都知事でしょ
1万件の検査をしたとして
最近の陽性率だと600~800人は感染判明されるよね
都内でメガクラスターでも発生したらピンポイント検査で陽性率が10%くらいまで上がってしまう可能性があるけど
その覚悟は小池都知事にはあるのか
今の東京で感染者数が下がる要素がない

スポンサードリンク

感染した家族はどこに住んでいるのか

みなさん先ほどわたしがのせたこの記事を見た人の声からどのようなことを感じられたでしょうか。

わたしは誰一人としてこのご家族に対しての詮索の意思は持っておらず、誹謗中傷や探りではなくこれ以上の拡大防止に対する意欲を感じました。

もちろんこの「感染したご家族はどこに住んでいるのか」というタイトルに関して、わたしは答えを見つけ出すことができませんでした。それはこの国の方々がこういった個人への詮索ではなく、拡大防止のため何ができるか皆さんで考えられている方だと思います。

この記事を見に来られた方のなかには、この「家族全員感染」というワードにつられてちょっとは詮索してやろうという意思があったかもしれません。しかし、わたしが昨今のSNSによる誹謗中傷による著名人の自殺事件を見ていて、且つこの記事の世間の声を見てこれに関して書かずにはいられませんでした。

もしわたしが先ほど申し上げたようにこのご家族を詮索し、誹謗中傷するためにこの記事を見に来たのだとすると心からそういうことはやめてくださいと言いたい。このご家族はおそらくいちばん大変な状態です。全員が体調悪いどころの話ではありませんから。

どうか回復を心からお祈りいたします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

おすすめの記事