M-1グランプリは芸人にとっても審査員にとっても人生を賭けた戦いとなるのはなぜ?

 

 

M-1グランプリ2020の
審査員が決まったそうです。

 

 

3年連続で同じ顔ぶれに
なったそうですが、
M-1グランプリは、
審査員にとっても、
引き受けるには、大変
なことだそうです。

 

 

もちろん、芸人さんに
とっても、人生を賭けた
戦いの場になるため、
とても、緊張感のある
殺伐とした雰囲気に
なるそうです。

 

 

 

その訳を調べてみます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

芸人さんにとってのM-1グランプリとは?

 

 

言わずもがな
「M-1」に出場する
芸人たちにとっては
人生をかけた戦い。
毎月新ネタライブを
やっているような
ネタ作りに熱心な
コンビでも
『これはいける!』と
思えるネタができる割合は
本来3年に1本くらい。
『M-1』で優勝するには、
決勝で2回漫才をやらないと
いけないので、
勝てるネタが最低2本は要る。
毎年、この2本を
必ず作るというのは
至難の業。
むしろ、できたら奇跡の領域。
みんな尋常ならざる
時間と力を注いで、
その研究開発に
あたっています

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

M-1グランプリで優勝すると
いうことが、どんなに
すごいことか、という
ことですね。

 

 

芸人さんにとって、
まさに、集大成という
ことですね。

 

 

人生を賭けた戦いと
いうと、大げさに聞こえ
ますが、芸人さんが
そのために、どれだけの
時間を使い、努力されて
いるか、を意識して
見てみると、わかる気が
します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

M-1グランプリの審査員をするということとは?

 

 

ギャラが10億円ではやらない。
100億円もらったら
やるかもしれませんけど。
冗談めかして話していたが、
それくらい芸人としては
負担がかかる仕事と
いうことだ。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

それだけ覚悟がいる
仕事だということが、
広くは理解されていない。
幾重にもデメリットばかり。
そこに歩を進めるには、
恩返しなり、使命感なり、
矜持なり、何かしらの
ワードで自分を
鼓舞するしかない。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

M-1グランプリの
審査員をするということは、
とても、名誉なことかなと
思いますが、想像以上に
覚悟が必要なことだと
思うと、引き受けることを
躊躇してしまいますね。

 

 

 

ただ、人気や実力があると
いうだけでできることでは
ないのですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

他の賞レースとは
明らかに違う殺伐
とした空気。
食うか食われるか。
時を経て、今は
かなりポップな空気も
加味されているが、
スタート時の香りも
多分に残る場だからこそ、
力のあるスターが
生まれるのだと
確信している。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

そうことに、
挑戦するからこそ、
力のあるスターが
生まれるのでしょうね。

 

 

ある意味、貴重な
瞬間ですね。

 

 

審査員の皆様も、
芸人の皆様も、
出演されているだけで、
すごいことですね。

 

 

いろんな、リスクを抱えて
作られた番組だからこそ、
関わる人にとって、
人生を賭けたものに
なるのでしょう!

 

 

 

今年は、どの芸人さんが
優勝するのか、楽しみに
なってきましたね。

 

 

こういう覚悟でできている
番組だということを
知ってから、見てみると
今までとは、違ってきますね。

 

 

楽しみですね。

 

 

 

芸人さんも、審査員の方々も
頑張ってください。

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事