三浦春馬の代表作となるか?12月公開の映画とは?

 

 

7月になくなった浦春馬さん
最後の映画出演となった作品
天外者(てんがらもん)」が
12月に公開されることが
決まったそうです。

 

 

どのような映画なのか、
共演者の方々の思いとは?

 

スポンサードリンク

 

 

三浦春馬さん自身も
代表作にしたいと
語っておられた
そうです。

 

この作品を三浦春馬さん自身が
演じられた五代友厚さんと
ともに、天国で見ていて
くれることを、監督も
共演者の方々も願って
おられます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

三浦春馬さんが演じた五代友厚さんとは?

 

五代友厚は、
土佐の坂本龍馬、
岩崎弥太郎、
長州の伊藤博文ら
同年代の若者たちと
夢を語り合い、
高杉晋作、勝海舟、
大久保利通、西郷隆盛、
大隈重信、トーマス・グラバーと
いった日本を語る上で
欠くことが出来ない
偉人・傑物たちを友として
支えた人物。
武士の魂と商人の才を持ち、
薩摩藩士から
明治政府役人を
経て実業家となり、
今日に続く商都大阪の基礎を
作り上げた。

引用元:映画.com

 

タイトルの「天外者」とは、
すさまじい才能の持ち主
表す言葉だそうです。

 

 

その名の通り、歴史に
名を連ねる方々を友に
持ち、ご自身の才能を
フルに生かして、
商都・大阪を作り上げられた
のでしょう。

 

 

そして、三浦春馬さんもまた、
その才能を生かそうと
情熱を持って、ご自身の
代表作にするべく作品に
取り組まれていたそうです。

 

 

五代友厚

出典:願正寺

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

共演者、監督のこの作品へ、三浦春馬さんへの思い

 

三浦(翔平)は
「クランクイン前には、
春馬と何度も読み合わせして、
才助、利助、弥太郎との関係性を
築きあげ、自分なりの
新しい豪快な龍馬
思いっきり演じる事が
できました。
撮影期間は長くは
なかったのですが、
初めての太秦で、
濃密で貴重な経験を
させて頂き、
とても感謝しております。
幕末から明治へ、
激動の時代を生き、
同じ志を持った者達の生き様を
是非劇場でご覧下さい。
そして、天国で五代さんと
一緒に観てくれる事を
願います」と思いの丈を述べている。

引用元:映画.com

 

俳優をされている方は、
坂本龍馬を演じると
いうことは、とても、
光栄なことである一方、
プレッシャーでもあると
思います。

 

過去にも、何人もの
ベテラン俳優の方が
演じておられますし、
自分はどう演じようか
と悩まれるのでは、と
思いますが、
三浦春馬さんと何度も
読み合わせをすることに
よって、ご自身も納得のいく
演技をすることが
できたのでしょう。

 

三浦翔平、俳優業はビジネス 舞台での新たなチャレンジに充実感 | ORICON NEWS

出典:ORICON NEWS

 

 

 

森永は「撮影当時23歳で、
伊藤博文という
大きな名前の人物を
演じることに、ワクワクと
それ以上の責任感を
感じていました
「激動の時代、
より良い世へと前へ前へと
進もうとした人たちの姿が、
皆様にとって、
前を向くための原動力の
ようなものになればと
願っております」と期待を込める。

引用元:映画.com

 

23歳で、伊藤博文を
演じることも、また、
プレッシャーの日々だった
と思います。

 

ですが、若い時の、この
チャンスがあったからこそ、
これからの俳優人生を
送る自信に繋がったのでは
ないでしょうか?

 

 

この作品を通して、
出演者の皆さん全員に
とって、それぞれの
思い入れのあるものが
生まれているの
だと思います。

 

森永悠希 - 映画.com

出典:映画.com

 

 

 

田中監督
「『オリジナル作品で
五代友厚の作品を作る。』
その時、イメージで浮かんできた
俳優は
三浦春馬くんでした。
透明感があり強い信念を持ち、
そして美しく…。
春馬くんに声をかけてから
2年の歳月が流れ、
集まってきてくれた役者達は、
みんな春馬くんの
仲間のような俳優たちでした。
三浦翔平西川貴教
森永悠希森川葵
蓮佛美沙子と、
春馬くんと交流のある友人達が、
偶然にもこの作品に
関わってくれました。
京都撮影所での
リハーサル後、
三浦翔平くんとはオフでも
落ち合って、映画のために
本読みをしてくれたと
春馬くんから聞きました。
主演
三浦春馬を中心に役者達が、
登場人物に生き生きと
命を吹き込んでくれたのです。
三浦春馬くん、参加してくれて
ありがとう。
そして主演を支える
それぞれの役者達の
素晴らしい生き生きとした芝居を
是非ともスクリーンで
ご覧いただきたいと思っています。
最後に…
ただただ残念なのは
三浦春馬くんに出来上がった作品を
見てもらえなかったことです」

引用元:映画.com

 

監督の三浦春馬さんへの
思いが伝わってくる
コメントですね。

 

そして、主演の
三浦春馬さんを支えるべく
奮闘していた、他の共演者の
皆さんも、同じ思いなの
ではないでしょうか?

 

 

三浦春馬さんの人柄が
周りの人を、自然と
一致団結させていったの
でしょう!

 

 

素晴らしい男性ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

 

三浦春馬さん、最後の出演と
なった映画「天外者」が
12月に公開されます。

 

商都・大阪を作って
五代友厚さんを三浦春馬さんが
見事に演じておられるそうです。

 

ぜひ、三浦春馬さんが
情熱をかけて演じた
この作品を観てみたい
ものです。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事