桃田賢斗がYou Tubeチャンネルを開設したのはなぜ?収益の使い道とは?

 

 

 

 

バドミントン男子シングルス
世界ランク1位
桃田賢斗さん
You Tubeチャンネル
開設し、初めて動画を
投稿されたそうです。

 

 

 

You Tubeでの収益を
どのように使おうと
されているのか、
どのような動画を投稿
されているのか、
気になりますね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

桃田賢斗さんのプロフィール

 

 

1994.9.1生まれ

 

26歳

 

香川県出身

 

 

BWF News

出典:BWF News

 

 

 

 

桃田賢斗さんがYou Tubeチャンネルを開設した訳とは?

 

 

 

昨年末、
You Tubeチャンネルを
開設したいと発表されて
いました。

 

 

 

その理由を次のように
説明されています。

 

 

 

初の動画で
「ユーチューブを
やりたいと思ったのは、
バドミントン選手は、
どんな生活をして、
どういうルーティンで
試合に挑むのか
謎な部分が多いと思う。
(動画を)見てもらって
興味を持ってもらえれば」と
説明した。

 

引用元:東スポweb

 

 

 

バドミントンに興味を
持ってもらうことや、
人気向上を考えての
ことのようです。

 

 

 

東京五輪では、
しっかりと金メダルを
獲って、子供達に
夢を持ってもらえる
ようになりたいそうです。

 

 

バドミントン競技が
本当に、お好きな
ようですね。

 

 

 

そして、チャンネル名を
ファンの皆さんから
公募するそうです。

 

 

 

バドミントンは、
ファンの人との間に
距離感があるので、
もっともっと、
距離を近づけられる
チャンネルにしたい
そうです。

 

 

 

どんなチャンネル名に
なるのか、楽しみですね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

桃田賢斗さんはYou Tubeの収益を何に使おうと考えているのか?

 

 

 

You Tubeで得た収益で、
桃田賢斗アリーナ」を
作りたいと考えて
おられます。

 

 

 

もっともっと、
バドミントンが
身近であってほしい
という願いがある
そうです。

 

 

 

いろんなことがあった
桃田賢斗さんの
バドミントン人生ですが、
周りの方々への
感謝の気持ちを忘れずに
桃田賢斗アリーナ」を
完成させてもらいたいと
願わずにはいられません。

 

 

 

 

桃田賢斗さんのバドミントン人生での苦難とは?

 

 

 

 

今では、
男子シングルス
世界ランク1位という、
素晴らしいところに
いらっしゃいますが、
そこに至るまでは、
苦難がたくさんあった
方です。

 

 

 

それを、乗り越えて
こられたことが
何よりも、素晴らしい
ことです。

 

 

 

 

2016年
桃田賢斗さんを含む
NTT東日本選手が
東京都内の違法カジノ店で
賭博をしていました。

 

 

そして、無期限出場停止処分
なってしまいます。

 

 

 

 

2020年
クアラルンプール国際空港へ
向かう途中、交通事故
遭い、全身打撲の怪我を
負う。

 

 

 

命に別状はなく、
帰国して、3月の
全英オープンでの
復帰を目指していたが、
次は目の不調に気付き
再び手術を受けることに
なりました。

 

 

 

 

そして、
新型コロナウイルスの影響で
東京オリンピックは延期になり、
国際試合も延期・中止
相次いでいました。

 

 

 

 

2021年
新型コロナウイルスに
感染したため、遠征が
中止になりました。

 

 

 

頑張ってるのに、
時々、不運がやってくると
いう感じで、思い通りに
いかないことが続いて
いるように思います。

 

 

 

それでも、めげずに、
世界ランク1位にまで
上り詰めてこられ
ましたね。

 

 

 

本当に、よく頑張って
こられました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

桃田賢斗さんは
男子シングルス
世界ランク1位の
バドミントン選手です。

 

 

 

今回、You Tubeチャンネルを
開設され、その収益で
「桃田賢斗アリーナ」を
作ろうと考えておられます。

 

 

 

これまで、たくさん苦難が
ありましたが、
それを乗り越えたことで、
まわりの方々への
感謝の気持ちもあると
思います。

 

 

 

それを忘れずに、
立派なアリーナを
完成させてもらい
たいです。

 

 

 

そして、バドミントン競技が
もっと身近なものになって
いくといいですね。

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事