西川史子50歳を機にエレ派ドクターとして生きる道を選択!その訳とは?

 

 

 

50歳を迎え、
運命に流されず、
逆らわず、楽しい
時間を増やして
いきたいと考えて
いる西川史子さん

 

 

 

そして、仕事への
使命感とプライベートの
充実を両立させ、
視野広く生きる医師を
「エレ派ドクター」
定義し、実践していこうと
しておられます。

 

 

 

そんな西川史子さんに
ついてお送りします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

西川史子さんのプロフィール

 

 

 

1971.4.5生まれ

 

50歳

 

神奈川県出身

 

 

かわいそうな人と思われたくなかった」40過ぎて初めての挫折…西川史子50歳が明かす“結婚生活と離婚” | 文春オンライン

出典:文春オンライン

 

 

西川史子さんが医師を本業として生活する選択をした訳とは?

 

 

 

 

本業である美容医療の道を
極めるため、芸能活動を
セーブしている
西川史子さん。

 

 

休みなく働いても
大丈夫だった20~30代
とは気力も体力も違う
ことに気付き、これからは
ゆっくり生きよう
考えたそうです。

 

 

 

48歳から準備を始め、
一生続けていく仕事として、
医師という本業に戻る
選択をされました。

 

 

クリニックでは、
患者さんが主役です。

 

 

なので、分かりやすく、
人の役に立っているという
実感があるそうです。

 

 

 

また、心から尊敬できる
女性の先輩医師と出会えた
そうです。

 

 

 

心に余裕があり、
誰にでも、平等に
優しい方だそうです。

 

 

 

目標となる方に
出会えたことで、
志高くなれたように
思っているそうです。

 

 

 

そういう存在の方が
傍にいてくれるだけで、
人生観が変わって
きますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

西川史子さんが挫折を経験した時

 

 

 

それまでは、いつも
何かに向かって前進
しなければならない
という、強迫観念が
あったそうです。

 

 

 

ですが、40歳を過ぎて、
初めて、思うように
いかない現実もある
という挫折を経験された
そうです。

 

 

 

その経験は、医師として
とてもよかったこと
だそうです。

 

 

 

そういうことを
経験したことで、
大変な人の気持ちに
寄り添うことが
どういうことなのか
ようやく理解できた
そうです。

 

 

 

とても貴重な経験に
なりましたね。

 

 

 

挫折をした時は、
本当に辛かったと
思います。

 

 

でも、それを
乗り越えて、こうして
前向きになられている
のは、さすがだなと
思います。

 

 

 

西川史子さんが50歳になり思うこととは?

 

 

 

50歳になって、
気持ちが楽になった
そうです。

 

 

また、クリニックでの
9時から19時までの
勤務時間になり、
人間らしい生活が
できるようになったと
感じたそうです。

 

 

 

テレビ番組に多数、
出演していた時は、
やはり、生活の時間帯が
全然違っていたそうです。

 

 

 

離婚を経験し、
病気にもなり、
人生で初めて、挫折を
経験したことで、
たくさんの気付きが
あったそうです。

 

 

 

そして、50代になった
今、少しゆっくり生きようと
思えたのでしょう。

 

 

そして、本業である医師に
戻ったことで、本来の
ご自身に戻ったように
思います。

 

 

 

辛いことも
たくさんあったと思い
ますが、その結果、
前向きな気持ちで
50代を迎えることが
できたのではない
でしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

50歳を迎え、
本業である医師の道を
極めるべく、日々、
奮闘されている
西川史子さんについて
お送りしました。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

素敵な50代を過ごして
いけたらいいですね。

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事