大泉洋が芸人顔負けのトーク力で紅白白組司会者の座を勝ち取った結果は?

 

 

 

 

日経エンタテインメント
2020年のタレントパワー
ランキングの男優部門
初の1位となられた
大泉洋さん

 

 

 

2020年の紅白歌合戦の
白組の司会者にも大抜擢
されました。

 

 

老若男女問わず、
親しみやすい雰囲気で
人気の大泉洋さんが、長年、
白組の司会者は嵐が
グループで務めるか、
メンバーの中の一人が
務めてきたあとの大抜擢
されたのは、どういう理由が
あったのでしょうか?

 

 

 

そうなるのにも、納得の
理由があったようです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

大泉洋さんのプロフィール

 

 

 

1973.4.3生まれ

 

47歳

 

北海道出身

 

 

大泉洋、北海道シリーズ第3弾「そらのレストラン」に主演!テーマはチーズ&仲間 : 映画ニュース - 映画.com

出典:映画

 

 

 

大泉洋さんが紅白歌合戦の白組司会者に選ばれた訳とは?

 

 

 

番組史上初めて無観客開催と
なり、例年とは違った雰囲気の
なか、どのような番組になるのか
誰にも想像できません。

 

 

そこで、白組司会者に
大泉洋さんが大抜擢され
ました。

 

 

 

その理由とは?

 

 

 

俳優でありながら、
芸人顔負けのトーク力
あり、本番でどんな
面白トークを繰り広げるのか
注目されていました。

 

 

 

そして、以外にも
気遣いの人でもあります。

 

 

 

人に突っ込む時でも、
上品でありたいそうです。

 

 

 

「アホ」と「バカ」くらいは
使いますが、自分が見ていて
辛いツッコミはしないそうです。

 

 

 

笑いはチームプレイで
生まれるもので、それも
愛があってこそ。と
考えておられるそうです。

 

 

 

決して下品にならないように
そして、面白くすることが
できる、そして、47歳という
年齢から、落ち着いていて
安心して見てられるという
ところも理由の一つでは
ないでしょうか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

大泉洋さんが白組司会者をした結果は?

 

 

 

「今年、司会がおもしろすぎる」
「ウッチャン、大泉さん、
二階堂さんの3名が、
予想以上にバランスが良かった」
「来年も大泉洋&二階堂ふみ&
内村光良司会でお願いします」
「軽快かつ感情的な司会が、
この初挑戦の大変な紅白を
上手く盛り上げている
感じがする」といった
声も上がっていた。

引用元:MANTAN WEB

 

 

嵐や、嵐のメンバーの
一人が司会をしていた
後の、大泉洋さんを
大抜擢されたNHKさんの
人選に、ビックリしましたが
大成功だったようですね。

 

 

 

「大みそかに好きなだけ
しゃべっていいという場を
いただきまして」と言う
大泉洋さんの言葉は
面白いですが、ご本人は
相当なプレッシャーを
感じておられたのでは
ないかと思います。

 

 

 

それでも、大絶賛の声が
上がるのは、さすがですね。

 

 

 

大泉洋さんは家庭でも気遣いの人だった!

 

 

夫婦円満に過ごすために
大切なことについて、
相手に期待しないで、
何かしてくれたら感謝する
と答えておられます。

引用元:AERAdot.

 

ケンカをすることもあるけど、
最後には『俺みたいな人と
一生いると決めてくれた
この人に感謝しなきゃ』と
いうところに戻るそうです。

引用元:AERAdot.

 

 

見た目の印象からは、
奥様のことをこのように
考えておられるようには
あまり見えないですが、
こんな優しい旦那様だとは
想像できなかったですね。

 

 

 

でも、奥様は幸せですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

大泉洋さんは、
初めての無観客開催
された紅白歌合戦の
白組司会者に大抜擢され、
見事にやりきられました。

 

 

 

面白いを追求するあまり、
下品にもならず、
家族で、ホッとしながら、
見ていられるいい紅白に
してくださいました。

 

 

老若男女問わず、人気の
高い俳優さんなのが、
わかりますね。

 

 

大泉洋さんを大抜擢した
NHKさんの人選をされた
方々も、すごいですね。

 

 

 

普段から、ご自身の
家庭でも気遣いをされて
いるからこその結果ですね。

 

 

勝ったのは紅組となりましたが、
十分、楽しくしてくださいました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

これからも、頑張ってください。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

最後になりましたが、
今年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事