レイジングスピリッツは絶叫系苦手な人から見て怖い?克服法は?

絶叫系のアトラクションが苦手な方は多いと思います...わたしもそのうちの一人なので(笑)でも一緒に行った人が絶叫系アトラクション大好きな人たちだと、自分だけ乗れないなんて申し訳ないし、自分のせいでみんなが乗れなくなるのも申し訳ない...めちゃくちゃ気持ちわかります(笑)

今回は東京ディズニーシーにあるレイジングスピリッツに絶叫系が大の苦手なわたしが乗ってきました(--)そして絶叫系アトラクションが苦手な視点から、どのように感じたか、をお伝えします!

でも結論から言うと、思ってたより怖くない!そして絶叫系特有の浮遊感は一瞬で終わります!気楽に楽しみにお読みください(^^)

レイジングスピリッツの特徴

  • 1周が1分30秒という驚異の短さ
  • 乗車短いにも関わらず、常に大行列ができている。(ファストパスおすすめです。)
  • 屋外で、カーブが多い
  • 高さはない方である
  • 最高速度60km/時
  • 1回転するのが割と序盤なのでそれが終われば、気楽に乗れる

大きな落下が続くこともなく、360度回転さえしてしまえば、あとは多少絶叫系アトラクションが苦手でも気軽に楽しめると思います(^^)

怖いのはこの2か所だけ!

①360度回転前の浮遊感

これは気持ちの問題です(笑)360度回転するために、勢いをつけるので浮遊感を感じてしまう。これは後ほどお伝えする浮遊感をおさえる策でなんとかなります!

②360度回転

なんと、360度回転するアトラクションはディズニーの中で、レイジングスピリッツが初めてのようです!まるで逆立ちさせられてる感覚ですが、これもほんの1~2秒のこと。一瞬で終わります。

絶叫系アトラクションの不快な浮遊感を軽減‼

すべての策はここにあり。

絶叫系アトラクションの怖さは主に、高いところから急降下するときの独特の浮遊感から来ていると思われます。

レイジングスピリッツの場合、見た目はジェットコースターなのでやはり登っていくときは怖いです。ただ唯一わたしたちの見方でいてくれるのは、乗り物が肩までがっつりおさえてくれるということです!!

これを利用して、急降下するときの独特の浮遊感を軽減するために思いっきり体を縮めましょう!!レバーにしがみついてください!!

そうすると、まだましです。むしろ肩までがっちりおさえてくれるレイジングスピリッツはとても優しいと感じます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は東京ディズニーシーのレイジングスピリッツについてお伝えしました(^^)わたしと同じ絶叫系アトラクションが苦手な方々の怖さ軽減(?)に役立てれば嬉しい限りです(笑)

私自身、絶叫系アトラクションが苦手ですが、友達とのノリでユニバのハリウッドドリームザライドに乗ってしまったり、長島スパーランドでスチールドラゴンに乗ってしまったり、毎回吐きそうになりながら乗っていますが、それに比べるとディズニーの絶叫系アトラクションはほんとうに優しいです(笑)

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

おすすめの記事