佐藤健が沈黙を破り親友の遺作ドラマを盛り上げた訳とは?

 

 

 

7月に亡くなった三浦春馬さんの
遺作ドラマ
「おカネの切れ目が恋の
はじまり」の放送が
始まる日、それまで、
三浦春馬さんの訃報に
ついて、沈黙を続けて
いた佐藤健さんが、
ライブ配信アプリで
ファンの皆さんに
「カネ恋」を皆で
見ようと呼びかけた
そうです。

 

 

表向きは沈黙を
守っていても、
ちゃんと親友のことを
思っておられたのですね。

 

 

そんな佐藤健さんが、
三浦春馬さんとどんな
関係だったのか、
調べてみます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

佐藤健さんのプロフィール

 

 

 

1989.3.21生まれ

 

31歳

 

埼玉県出身

 

91 curtidas, 1 comentários - さくら (@takeru.satoh.321) no Instagram:  “お気に入りの中から順番に☺︎ うん!かっこいい☺︎ #佐藤健 #さとうたける #satohtakeru #takerusa… in 2020 |  Takeru sato, Aesthetic, Artist

出典:Pinterest

 

 

 

 

佐藤健さんと三浦春馬さんの関係とは?

 

 

三浦さんと佐藤は、
長い間俳優として
競い合いながら友情を
深めてきた
「'08年に放送された
TBS系ドラマ
ブラッディ・マンデイ』で共演。
同じ事務所で年も1歳しか
違わないということで気が合い、
お互いを“春馬“““と呼び合う
間柄になりました。
プライベートでの
交流が高じて、一緒に世界を
旅するDVDまで製作された
ほどです」
彼らの交流は、
最近も変わらず続いていた。
「アミューズはファン感謝祭
として若手俳優たちによる
歌とダンスのライブイベント、
通称“ハンサム“を
毎年行っているんですが、
'19年末に開催されたイベントでも
2人は共演。
メインビジュアルの撮影の際は
ツーショット写真も撮り、
空き時間は楽しそうに世間話を
していたそうです」
深い絆で結ばれていただけに、
三浦さんの死を知ったときも、
真っ先に駆けつけたのは
佐藤だった。
「新作映画の撮影中のため
宮城県にいましたが、
知らせを聞くとすぐに
東京に戻って三浦さんと
対面しました。
その翌日にクランクアップを
控えていたんですけどね。
ひそかに別れを告げた
佐藤さんは、再び
新幹線に飛び乗って
宮城県へと戻ったそうです」
三浦さんの遺作である『カネ恋』の
放送開始日には、
ファンに向けてメッセージを
伝えていた。

引用元:Yahoo!ニュース

 

佐藤健さんご自身も、
かなりなショックを
受けておられると
思います。

 

沈黙を続けることで、
冷たいと思う人も
いるようです。

 

 

ですが、コメントを
だしたら、だしたで、
非難されることも
あるでしょう。

 

 

難しいです。

 

 

それでも、親友の
遺作ドラマについて、
皆で見ようと
呼びかけ、放送後には、
皆でそのドラマに
ついて、語りあったそうです。

 

 

とても、素敵なことですね。

 

 

コメントをだすより、
何より、いいことだと
思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ドラマ「カネ恋」への思いとは?

 

 

三浦さんの死後に
TBSで行われた緊急会議では
“彼の代役を新たに立てて、
第1話から撮り直す“という案
出たのですが、
その代役候補というのが、
実は佐藤さんだったんですよ」
会議の際に立ち上がった
制作側の(秘)プランを
聞いた佐藤は、
多忙だったにも
かかわらず快諾したという。

引用元:Yahoo!ニュース

 

佐藤さんは
春馬の最後の作品を
お蔵入りにさせるわけには
いかない“と代役を
引き受けるつもりだった
そうです。
しかし会議を重ねるうちに、
1話から撮り直した場合、
共演者とのスケジュール調整が
難しくなることが判明。
また制作サイドの
三浦さんの遺作だから、
やっぱり撮影した部分をそのまま
使いたい“という意向もあり、
結局、撮り直しは
行わず全4話で完結という
結論になりました」
親友による代役案は
幻となってしまったが、
ドラマは高い評価を受けた

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

親友の代役をすることは
なかったけれど、
ドラマに出てくる
三浦春馬さんの笑顔を
見て、佐藤健さんも、
きっと、笑顔に
なられていること
ではないでしょうか?

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

年齢が近いことも
あり、とても、仲の
良かったお二人だけに、
佐藤健さんのショックは、
計り知れないものだと
思います。

 

 

ですが、こうして、
親友のドラマを
盛り上げるべく、
さりげなく行動
されているところ、
ほんとに、カッコイイです。

 

その傷が癒えるのは、
まだまだ先になるかも
しれませんが、
どうか、三浦春馬さんの
分も、生きてください!

 

 

忘れないでいてください。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事