ウィーンで絶対に行きたいシェーンブルン宮殿に行ってみた

2019年4月8日

オーストリアのウィーンに到着しました!

シェーンブルン宮殿についてこれからお伝えしていくわけなんですが、
結論から言いますと...シェーンブルン宮殿には本当に行くべきです!💛

18世紀に改築されたとはいえ、
あんなに素晴らしい建物を見ない選択肢はないと思います。

また宮殿内に入るときには、
端末を渡され音声の解説付きとなりますので、
歴史にも触れやすいしわかりやすい!
(わたしは世界史を少しかじっただけなので
歴史てきなことにはあまり詳しくありませんが...笑)

本当はこの宮殿、半日くらいでまわるはずだったのですが、
丸1日使ってしまいました(笑)

それくらい価値のあるものでした。

楽しみにこのあとの記事を読んでくださいね(^^)

スポンサードリンク

シェーンブルン宮殿とは

シェーンブルンとは「美しい泉」という意味です。

宮殿の名はこの地に湧き出す清らかな泉にちなんでいます。
17世紀末に夏の離宮として建てられたのが始まりで、
18世紀、女帝マリア・テレジアによって現在の姿に改築されました。

ウィーンにはハプスブルグ家の宮殿がいくつかありますが、
規模がいちばん大きいのはシェーンブルン宮殿です。

「マリア・テレジア・イエロー」と呼ばれる黄色い壁面が印象的です。
宮殿内は外観はバロック様式、内部はロココ様式で1400室もの部屋があります。

現在は豪華な大広間やホール、
皇帝一家の暮らした部屋など約40室が公開されています。

※城内は撮影禁止のため、写真は外観のみです

シェーンブルン宮殿の外観

こちらが入り口近くです。実際は写真では表せないくらい大きいです!!

宮殿内の有名ポイント

なんやかんやで宮殿をすべてまわれば
4時間あっても足りないくらいでした。

それくらいめちゃくちゃ魅力的。

そのなかでも、有名なポイントはこの2つ!

グローセ・ギャラリー

「会議は踊る、されど進まず」の言葉で知られるウィーン会議の
舞踏会の会場となった大広間

鏡の間

6歳のモーツァルトが御前演奏をしたところ

スポンサードリンク

絶対に行くべきCAFE RESIDENZ

宮殿内を歩き終われば、休憩がてらここに行ってみましょう(^^)

普通のカフェとキッチン付きのカフェと2種類あるのですが、
わたしのおすすめは圧倒的にキッチン付きのカフェ!

アップルパイとコーヒーを楽しみながらアップルパイを目の前で作ってくれます!

実際に使ったキッチンがこちら⇃

わたしのときは陽気なお兄さんでした(笑)

生地作りからすべてやってくれて、
ときに観客をまじえながら楽しく作ってくれます!

お兄さんが説明をしてくれるのですが
英語がカタコトなわたしにはさっぱり...

みなさんヨーロッパに行くときは英語勉強してから行きましょうね。
せっかくなら聞き取れた方が絶対に楽しいです。

実際のアップルパイとホットチョコレートがこちら⇃

グロリエッテから見る絶景

グロリエッテまで行くのは本当にしんどかった...(笑)
軽く登山でした。次の日、予想通り筋肉痛に悩まされるので、
旅の序盤だったら行くか否かは考えた方がいいかもしれません(笑)

でも行ってみれば本当に絶景!

わたしは3週間の旅の2日目で筋肉痛に悩まされましたが、
この景色を見れたので後悔はしていません。
(みなさんは気をつけてください。笑)

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか(^^)

今回はヨーロッパ周遊旅行をしたときのお話ウィーンバージョンでお伝えしました!

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

最後までご覧いただきありがとうございます💛

ヨーロッパ旅行の全貌はこちらから↓

【学生向け】海外旅行の準備手順まるわかり‼ヨーロッパ3週間周遊旅行のプランを大公開

おすすめの記事