仙台市のビルにタクシーが突っ込んだ事故はなぜ起きた?運転手は誰?

スポンサードリンク

仙台市青葉区1丁目でタクシーが道路わきのオフィスビルに突っ込むという事故が起きました。タクシー運転手と乗客の2名が負傷し、病院に搬送されたということで仙台北署が事故の原因等を調査しています。

今回はこちらの事件についてお話していきます。

スポンサードリンク

仙台市青葉区のビルにタクシーが突っ込む事故

問題になった事故の記事がこちらです。

13日午後8時半ごろ、仙台市青葉区上杉1丁目でタクシーが道路脇のオフィスビルの出入り口に突っ込んだ。タクシーの50代の男性運転手と乗客の50代男性が負傷し病院に搬送された。仙台市消防局によると、運転手は意識がもうろうとし、けがの程度は重い。  

目撃者によると、タクシーは近くの交差点を右折した後、反対車線で信号待ちしていた車にぶつかった。そのまま走り、ビルに突っ込んだという。仙台北署が事故状況を調べている。

Yahooニュースより引用

実際の現場の写真がこちらです。

車体の前方がぺしゃんこになっている結構悲惨な事故ですよね。ビルの中の人に負傷者がいなかったことが不幸中の幸いといえます。

なぜこの事故が起きたのか

スポンサードリンク

なぜこの事故が起きたのか。真相は運転手への事情聴取後になるかと考えられますが、主にこのような原因が考えられます。

  • 何らかの病気で運転時にはすでに意識朦朧としていた
  • ビルに突っ込む前に対向車とぶつかったという目撃証言から、ぶつかったときに何らかの外傷を負い正常に運転できなかった

タクシーの運転手は誰なのか

タクシーの運転手さんがだれなのかという情報は公表されてはいませんでした。(情報に更新があり次第、記事更新しますね。)

今はとにかく運転手さんと乗客さんの回復を祈り、再発しないように対策を練っていただくことを祈るばかりですね。

運転手さんに関しては意識が朦朧としており、けがの程度は思いとのことで今現在は病院で集中治療を受けている可能性が高いと考えられます。

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

悲惨な事故でしたが、死亡者がでていないことは不幸中の幸いといえます。今はただ負傷した運転手と乗客の無事を願うばかりですね。

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

おすすめの記事