スポンサードリンク

新幹線の人身事故で一部運転見合わせとのニュースが入ってきました。電車での人身事故というのはよく聞くものですが、新幹線での人身事故とはどのようなものなのでしょうか。電車と同じように飛びこみがあるのだとすると、電車とは比べ物にならないスピードで走っている新幹線では被害は相当なものになるのではないでしょうか。

今回はこちらについてお話していきます!

スポンサードリンク

東海道新幹線での人身事故

今回のニュースはこちらです。この人身事故については、詳細調査中とのことですので、記事は追って更新しますね。

新富士~静岡駅間で発生した人身事故の影響で、東海道新幹線は新横浜~名古屋駅間の運転を見合わせています。

Yahooニュースより引用

過去の新幹線での人身事故

新幹線によじ登り25000ボルト感電自殺

わたしが調べた中でいちばん衝撃が走ったのがこの事件です。

こちらは2014年11月15日に東海道新幹線新横浜駅(横浜市)構内で、新幹線の車両の屋根によじ登った男性(25)が高圧電線に触って感電して大やけどを負い、男性はその後搬送先の病院で死亡が確認されたというものです。

始発前にとどろく衝撃音、車両最後尾の屋根の上には焼けた男性 「ドカーン」

11月15日午前5時40分ごろ。早朝の静寂に包まれた始発前の新横浜駅構内に衝撃音がとどろいた。東海道新幹線の車掌らが音がした方向に急いで向かうと、発車準備中の新横浜発広島行き「ひかり493号」(16両編成)最後尾の車両の屋根の上で、髪や着衣が燃えた男性が倒れていた。車掌らが消火器で消し止めた際、男性は3・5メートル下の線路に転落した。

神奈川県警によると、倒れていたのは東京都あきる野市の無職男性と判明した。防犯カメラの映像などから、男性は入場券で改札を通り、運転席のボンネットから屋根によじ登る姿が確認されている。駆けつけた警察官に「死にたい」と漏らしており、車両の屋根の上にある高圧電線に触れて自殺を図ろうとしたとみられている。詳しい状況については、県警が男性の回復を待って聴取する予定だったが、男性は11月24日に搬送先の病院で死亡した。

産経ニュースより引用

そして県警は新幹線特例法違反の疑いで、事故後に死亡した東京都あきる野市の無職男性(25)を容疑者死亡のまま近く書類送検する方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かりました。

影響で品川-小田原間の上下線で停電が発生し、同区間は始発から上下線の運転を見合わせたほか、上下線計153本が最大86分遅れ、約16万人に影響したということです。

スポンサードリンク

車両とホームの隙間から線路上に転落

こちらは軽症ですが、子供にとったらトラウマになるレベルの怖さですね。

2013年8月21日午後10時10分ごろ、名古屋市中村区の東海道新幹線名古屋駅で、停車中の東京発新大阪行き「のぞみ259号」から降りようとした男児(4つ)が、車両とホームの間の隙間から線路上に転落しました。

こちらのニュース記事は削除されていたため、この情報のみになります。

車両にはねられ死亡

2012年3月8日午前9時50分ごろ、滋賀県近江八幡市若宮町で、東海道新幹線の線路内に男性が立ち入り、米原-京都間を走行していた東京発広島行き「のぞみ101号」(16両編成)にはねられ、死亡しました。

スポンサードリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

いずれも5年以上前の出来事であり、直近ではほとんど事故は起きていませんでした。会社側もこのような事故が起きぬように万全の対策をはってきた賜物だと思います。

ご意見・ご質問ある方はコメント欄までお願いします!

おすすめの記事