須賀健太はSNSをフル活用!今年最初に挑む朗読劇とはどんなものなのか?

 

 

 

子役時代のイメージが強い
須賀健太さん

 

 

あんなに可愛い男の子だった
のが、もう26歳に成長
されています。

 

 

早いですね。

 

 

そんな須賀健太さんは、
You Tubeを始め、SNSを
フル活用されているそうです。

 

 

そして、今年最初に挑む
朗読劇も、また、SNSに
翻弄される役をされる
そうです。

 

 

どんな劇なのか、
気になりますね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

須賀健太さんのプロフィール

 

 

1994.10.16生まれ

 

26歳

 

東京都出身

 

須賀健太(スガケンタ) | ホリプロオフィシャルサイト

出典:ホリプロ

 

 

 

須賀健太さんが挑む朗読劇とは?

 

 

 

 

須賀健太さんが、
今年最初に挑む朗読劇
とはどんなものなの
でしょうか?

 

 

 

その内容も気になりますね。

 

 

 

 

俳優・須賀健太にとって、
2021年初めての舞台となる
「朗読劇 #ある朝殺人犯
になっていた」。
SNS上で女児ひき逃げ犯の
疑いをかけられた主人公が、
ネット民の怒りと
暴走する正義に
打ちのめされながら、
事件の真相を追いかけていく
ジェットコースター・
エクスペリエンスだ。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

原作を読んだ感想を、
須賀健太さん自身が
SNSを武器にして、
仕事をしていて、
この本に書かれている
ことが想像しやすかった
から、こういうことって
現実に起こりえること
だと思って、他人事とは
思えなかったと
話されています。

 

 

 

今回、小説を朗読劇として
立ち上げる上で、
新しく取り入れることが
あるそうです。

 

 

 

それは、朗読劇だけど、
映像も取り入れて
いくそうです。

 

 

 

そうすることで、
よりストレート
伝わると考えて
おられるようです。

 

 

 

朗読劇は、動きが
少ないぶん、言葉で
伝えることが、より
大事になり、また、
台本を手にしている
から、失敗できない、
噛めない、という
プレッシャーがある
ようです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

須賀健太さんが活用しているSNSとは?

 

 

 

 

インスタグラムは、
カッコイイ路線でいく
ようにしているから、
ファッショナブル
なるようにしている
そうです。

 

 

 

Twitterは、気楽に
使うようにしている
そうなので、
なんでもないような
ことを、つぶやいて
いるそうです。

 

 

そして、去年、
緊急事態宣言が出た
時は、You Tube
編集をすることに
はまっていたそうです。

 

 

自分で撮って、編集して、
そしたら、チャンネル登録
してくれる人が増えて、
というつながりがあった
おかげで、気持ちが軽く
なったそうです。

 

 

まさにSNS時代の一員ですね。

 

 

 

それを、使いこなして
いるのも、若い世代
だからこそですね。

 

 

 

 

須賀健太さんがコロナ禍で役者をすることについて思うこととは?

 

 

 

去年は、予定していた
舞台が中止になることも
あり、いろんなことを
考えておられたようです。

 

 

 

僕自身も舞台が中止に
なってしまったりで、
自分は役者として
いられるんだろうか
ということを今まで以上に
感じた1年だったんですね。
ミュージシャンや芸人さんだと
歌を歌うとかネタをやるとか
何かしら発信できることは
あるけど、僕たち俳優は
役がないと存在しないも
同然だから。
そんなふうに役を
もらえない状況のなかで、
それでもSNSを通して
応援してくれる
ファンの人の声に触れた
ときに、カッコ悪くても
ちゃんと役者でいないと
いけないなって。
どんなカタチでも
楽しませてあげたいな
いう気持ちがより
濃くなって。
以前よりずっと
強く役者でい続けたいという
覚悟ができました。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

役者を続けていきたい覚悟って、
普段、何も起こらずに
仕事ができていれば、考えない
ことですよね。

 

 

 

コロナ禍で、時間が
できたことは、これからの
人生を考えるきっかけに
なった人も多いでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

 

須賀健太さんが、
今年最初に挑む
舞台は、朗読劇だ
そうです。

 

 

 

それもSNSを使って、
犯人に仕立てあげられて
しまう、というお話で、
SNS時代を代表する世代の
須賀健太さんにとっては、
こういうことって、
身近に起こるかもしれない
と思える内容だそうです。

 

 

 

今回、朗読劇をするに
あたって、映像を取り入れて
いくことにしたそうです。

 

 

 

そのほうが、言葉だけより、
よりストレートに伝わると
考えてのことだそうです。

 

 

 

須賀健太さん自身も、
SNSをフル活用されて
いて、コロナ禍の時は、
You Tubeの編集をして、
いろんな人とつながりが
できたことで、気持ちが
軽くなったそうです。

 

 

 

コロナ禍であったことで、
これからも、俳優を
やり続けていきたいという
覚悟もできたそうです。

 

 

 

いろんなことを考えて
おられた1年だったの
でしょうね。

 

 

 

朗読劇、一度、観てみたい
ですね。

 

 

 

どんなものになるのか、
楽しみですね。

 

 

 

頑張ってください。

 

 

 

応援しています。

 

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事