杉咲花オーディションを受け続け勝ち取った朝ドラ次期ヒロインを語る!

 

 

 

 

人気女優への登竜門として
注目されるNHK連続テレビ小説
ヒロインに抜擢された
杉咲花さん

 

 

 

 

撮影中に新型コロナウイルス
の影響で、自粛期間が
あったそうですが、
その期間をどのような
心境で過ごしておられた
のか?

 

 

 

杉咲花さんが思う
理想の女優像」とは?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

杉咲花さんのプロフィール

 

 

1997.10.2生まれ

 

23歳

 

東京都出身

 

 

杉咲花、22歳の誕生日! バースデー投稿に福士蒼汰&綾野剛から祝福 /2019年10月2日 - エンタメ - ニュース - クランクイン!

出典:クランクイン!

 

 

杉咲花さんが女優をしていて最高と感じる瞬間とは?

 

 

 

女優をしている時に
感じていることは、
自分との戦いで
基本的に孤独と向き合って
いる」と語っておられます。

 

 

でも、その孤独の先には
かけがえのない時間がある
いうことも、感じておられます。

 

 

「お芝居をしていると、
普段の生活では
抱けないような感情に
出会えたり、
キャストだけではなく
スタッフさんを含め、
いろいろな役割に
特化した才能を持った
方々との出会いがあったり
します。
もともと、みんなで
ひとつの作品に向かって
努力をするのが好きなので、
その時間が今、
いちばん楽しいです」

引用元:東洋経済

 

 

 

いろんな人との出会いや
皆で作品を作ることの
楽しさを満喫して
おられるということが
感じられますね。

 

 

 

楽しいと思えることが
一番、大事なのかも
しれないですね。

 

 

 

杉咲花さんの朝ドラヒロインへの思い

 

 

朝ドラは「とと姉ちゃん」に
出演されていますが、
いつかヒロインをやりたいと
思う気持ちが強くて、
オーディションを受けて
いたそうです。

 

 

 

でも、自分には縁がないのかも
と思いつつ、悔しさもあり、
いつかはきっと、と思って
おられたそうです。

 

 

 

そして、今回、ヒロインになれた
ことで、女優としても、
さらに成長される
ことでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

杉咲花さんはコロナの自粛期間をどう過ごしていたのでしょう?

 

 

朝ドラの撮影が
クランクインした後に
新型コロナウイルスの影響で
自粛期間になり、撮影が
できなかったそうです。

 

 

その期間、どのような
心境で過ごしておられた
のでしょうか?

 

 

自粛期間があって、
台本を読む時間が
ものすごくありました。
不安だった関西弁を
練習したり、台詞を
どんどんと覚える時間があり、
自分にとってはすごく
良い時間になりました。
撮影データを監督が
送ってくださり、
千代の子ども時代を演じる
毎田暖乃ちゃんのお芝居も
たくさん観ることができたりして。
もし自粛期間がなければ
そういうことはできなかったと
思うと、千代と向き合う時間を
得られたことで、
より現場に入るときの
心持ちができたように
感じています。

引用元:東洋経済

 

 

ピンチの時も、
それをチャンスに変えて
おられますね。

 

 

 

時間ができたことを不安に
思うのではなく、前向きに
取り組んでおられるところが
賢いですね。

 

 

 

杉咲花さんが思う理想の女優像とは?

 

 

 

 

引用元:東洋経済

 

 

答えが一つではない時代に
しっかりと、自分の考えを
持って生きている女性ですね。

 

 

朝ドラを終えた後、
どのように成長されているのか
楽しみですね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

まとめ

 

 

杉咲花さんは、朝ドラの
ヒロインを、いつかは、
やってみたいと思い、
オーディションを受けて
おられたそうです。

 

 

そして、見事にヒロインを
演じることができる
ようになられました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で
自粛期間があったことで、
ヒロインに向き合える時間が
たくさんできたことで、
よりよい気持ちで撮影に
のぞまれたそうです。

 

 

 

女優というお仕事に懸ける
思いが、強く感じられますね。

 

 

若くして、大役を演じてこられて
いますが、浮ついたところが
なく、自分の考えをしっかりと
持っておられる、期待の女優さん
ですね。

 

 

 

これからの女性の生き方を
示してくれているようです。

 

 

 

これからの活躍を楽しみに
したいです。

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事