たかまつななから山口達也にむけてさしのべたい救いの手とは?

 

 

いつも元気に社会のために
発信しているたかまつななさん
ですが、意外にも
死にたいと思ったことが
あるそうです。

 

 

 

ご自身が、それを
どのようにして
乗り越えたのか、
そこまで追い詰めた
ものは何だったのか?

 

 

 

 

また、相次いでいる
芸能人の自殺についての
問題につながる大切な
気付きについても
教えてくれています。

 

 

 

 

 

そして、今、彼女が
心配している人物が
飲酒運転で逮捕された
山口達也さんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

なぜ、たかまつななさんが死にたいと思ったのか?

 

NHKの退職のゴタゴタや
週刊誌にかぎまわられたこと、
コロナ禍により
笑下村塾が経営危機に
陥ったこと、
お笑いの舞台の自粛、
将来に対する漠然とした
不安など、
いろいろなことが
重なったからだ。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

 

コロナの影響が
こんな形ででている
なんて、せつないですね。

 

 

 

それだけが理由では
ないにしても、本当に、
驚いています。

 

 

自助グループに参加し助けられた

 

厚生労働省の仕事で
依存症の啓発動画を
一緒に作った田中紀子さん。
助けを求めたら、
すぐに車でかけつけて
くださり、
「自分を褒めてあげて」
「自助グループに
来てください」と
声をかけてくださった。
「自分はあの人より
●●ができない。
だからもっと努力せよ」と
自分を他人と比較してきた
人生だったので、
自分の褒め方が本当に
分からなかった
田中さんは、すごく
たくさん私のことを
褒めてくださった。
褒められても、
「でも~」と否定する私に、
さらに粘り強く
否定して、
褒め続けてくださった。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

自分を褒める。

 

私にもできないこと
です。

 

できていないこと
ばかり、考えて
しまいます。

 

 

 

そして、自助グループに
参加されたそうです。

 

 

 

雑談から始まり、
途中から自分の
今の苦悩を吐露しあう。
絶対に否定はしない。
黙って聞く。
つらいのは自分だけ
じゃないという
気持ちになった。
あと、大事なのは
ここで知り得たことは
外で言わないという
ルールだ。

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

絶対に否定はしない、と
いうのは大切なこと
ですよね。

 

 

勇気をだして話しても、
否定されてしまうと、
参加したことを
後悔してしまいそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

芸能界の自助グループの必要性とは?

 

 

芸能界の自助グループを作りたい
というより、
あったほうがいい。
いろんな報道を見るたびに、
自助グループに来ていたら、
少しは違ったんじゃないかと
考えてしまう。
少なくとも私は
すごくすごく楽になった。
特に
山口達也さんには
すぐにでも来ていただきたい。

 

 

その通りだと思います。

 

 

三浦春馬さん、竹内結子さん、
芦名星さん、もし、もっと
人に頼ることができて
いたら、結果は違って
いたのだと思います。

 

 

山口達也さんは、本当に、
もう一度、孤独になり、
お酒に逃げてしまったら、
と思うと、早く誰か
助けてあげて、と
思ってしまいます。

 

周りの人も、
気にかけていても、
日々の生活に追われ、
なかなか、十分に
寄り添うことができない
のが、現状ではない
でしょうか?

 

 

もしも、可能なら、
早く彼を孤独から
救ってあげてください。

 

 

 

まとめ

 

ご自身も「死にたい」と
考えたことがある経験から、
どうやって立ち直ったのか、
それをどう伝えていくのか、
ということが、
今の芸能界に求められて
いることだと考えて
おられるようです。

 

 

 

 

それで、救われる方が
たくさんおられると
思います。

 

 

 

弱いところを見せても
いいよ。という社会に
なってほしいです。

 

 

特に今年はコロナの影響が
たくさんのところに、
影を落としているのだなと
改めて感じました。

 

皆、悩みを抱えています。

 

 

皆で頑張りましょう!

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事