内山信二がひきこもりになっていた?それを救った明石家さんまの言葉とは?

 

 

 

 

 

7歳の時に
「あっぱれさんま大先生」
生徒役に選ばれ、
人気子役となった
内山信二さん

 

 

 

 

10歳で、月収は
3000万円となり、
そこからは、
「消える芸能人」
典型となる行動を
するようになった
そうです。

 

 

 

 

そして、16歳で
仕事はゼロになり、
子役時代に天狗に
なっていたしっぺ返しを
受けることになった
そうです。

 

 

 

 

そんな内山信二さんを
救ったのが、
明石家さんまさんだとか。

 

 

 

 

どんなことがあったのか
気になりますね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

内山信二さんのプロフィール

 

 

 

1981.9.25生まれ

 

39歳

 

東京都出身

 

 

内山信二 仕事激減期、相撲部屋入門考え見学行ったことも|NEWSポストセブン

出典:NEWSポストセブン

 

 

 

内山信二さんの子役時代とは?

 

 

 

 

もともと、お父様が
あべ静江さんの大ファンで
どうしたら、会えるか
考えた時に、息子を
子役にしたら会えると
思い、エキストラ事務所
所属することになった
そうです。

 

 

 

 

 

そして、ポッチャリキャラ
受けて、国民的子役に
なりました。

 

 

 

 

そして、お父様は、
見事にあべ静江さんに
会うという野望を
実現されたそうです。

 

 

 

 

よかったですね。

 

 

 

 

当時は、
「収録に行ったら、
テレビ局の食堂で
ハンバーグを食べさせて
あげる」という言葉に
釣られて、遊びに行く
感覚で参加していました。

 

 

 

 

そして、
子役らしからぬ生意気な
キャラクターが受けて、
ブレイクし、3年後には、
CMやイベントの仕事
もらえるようになり、
月収は3000万円
超えるようになりました。

 

 

 

 

そして、子供ながらに、
自分は稼いでいると思い、
勘違いしていくように
なります。

 

 

 

 

一回り以上年上の
マネージャーさんを
あごで使ったり、
番組スタッフも、
偉い人にしか挨拶を
しなかったりした
そうです。

 

 

 

 

努力をせずに売れた
ことで、自分だけは
特別だと思っていた
そうです。

 

 

 

 

そんなことがあり、
10歳をピークに仕事が
減っていったそうです。

 

 

 

 

そして、とうとう、
16歳の時には、仕事が
ゼロになります。

 

 

 

 

新しい仕事が決まらず、
アルバイトも長続きが
せずに、一時は
ひきこもりのような
状態になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

内山信二さんを救った明石家さんまさんの言葉とは?

 

 

 

 

もともと、
「あっぱれさんま大先生」で
明石家さんまさんから
ボケ方やツッコミ方など
お笑いの基礎を教えて
もらいました。

 

 

明石家さんまに誕生日メッセージ!『ヤングタウン』ファンの有名人らから | マイナビニュース

出典:マイナビニュース

 

 

 

そして、内山信二さんが
ひきこもりのように
なっていると知って、
アドバイスをもらいます。

 

 

 

 

それが、その体型を

 

 

 

活かして相撲部屋に
入れというものでした。

 

 

 

ですが、こんな
厳しい世界は無理だと
断念したら、
今度は、舞台に出ないか
と誘ってくださった
そうです。

 

 

 

とても、いいお話ですね。

 

 

 

さすが、さんまさん!

 

 

 

そして、芸能界で
再起を目指す内山信二さんに
またも、アドバイスを
くれます。

 

 

 

テレビをちゃんと見た
ほうがいい。

 

 

 

番組で話せる
エピソードトークを
用意しとく。

 

 

 

なるほどですね。

 

 

 

それから、
テレビを見て研究
したり、仕事がきても
困らないように、
トークとして使えそうな
エピソードそメモする
ようになったそうです。

 

 

 

 

子役時代は、努力しなく
ても人気がありましたが、
ここで、生き残るには
努力が必要なことを
わかったのでしょう。

 

 

 

 

さすが、さんまさん!

 

 

 

 

内山信二さんがボートレースから学んだこととは?

 

 

 

趣味であるボートレース
お仕事になる時もある
そうです。

 

 

 

 

それにも、明石家さんまさんの
教えがあるそうです。

 

 

 

明石家さんまさんに、
「芸事をしている人は、
駆け引きや流れを掴む
ためにも、勝負ごとを
やるべき」
言われたそうです。

 

 

 

ボートレースの
トップ選手に
インタビューすることも
あるそうですが、
皆さんが共通して
おっしゃることが、
「最後は自分との戦い」
だそうです。

 

 

 

どれだけ才能があっても
心が折れるとダメに
なります。

 

 

 

お客様の見えない
ところで努力し続けないと
結果はだせない、という
ことに気付いたそうです。

 

 

 

 

そして、それを
昔の自分に教えて
あげたいと思う
そうです。

 

 

 

とても、成長されましたね。

 

 

 

ひきこもりになったことも、
このことに気付くため
だったのかもしれないですね。

 

 

 

内山信二さんの夢とは?

 

 

 

地上波で自分の冠番組を
持って、明石家さんまさんに
ゲストで出てもらうのが
夢だそうです。

 

 

 

 

そうなったら、さんまさんも
とても嬉しいと思います。

 

 

明石家さんまさんが
元気なうちに実現したい
そうです。

 

 

 

 

叶うといいですね。

 

 

 

 

明石家さんまさんは、
まだまだ、お元気そう
なので、大丈夫そうな
気もします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

7歳から子役として
活躍してこられた
内山信二さんについて
お送りしました。

 

 

 

 

いかがだったでしょう?

 

 

 

 

そして、明石家さんまさんが
どれだけ、偉大な方なのかが
わかりましたね。

 

 

 

 

是非、夢を実家して、
明石家さんまさんを
喜ばせてあげてください。

 

 

 

 

応援しています。

 

 

 

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事